エコノミークラス症候群について考える

エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気です。

エコノミークラスの座席スペースは比較的狭く、姿勢を変えたり足を動かしたりしづらいことが原因で起こりやすいというイメージから命名されたものだと思いますが、実はエコノミークラスに限らず、ファーストクラスに座っていても起こりうる症状なのです。

医学的には、肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症を合わせた疾患といわれています。
では、なぜこれらの症状が生じるのでしょうか?

上空における飛行機内の気圧は、地上での1気圧よりかなり低くなっています(1万m上空で0.85気圧)。

その結果、皮膚の下にある管壁の薄い静脈やリンパ管が引っ張られ、風船が膨らんだような状態になることで血液やリンパの流れが悪くなります。

というのは、動脈は管壁が厚く、心臓からの一定の圧がかかることで、動脈血は流れているのですが、静脈やリンパは、管腔の陰圧力や、周囲の臓器(たとえば筋組織)の動きによって二次的にコントロールされているためです。
エコノミークラス症候群は、上空を飛んでいる時より、飛行機が着陸して長時間の着座姿勢から解放され、立ち上がって歩き始めた時のほうが危険です。

それは、筋ポンプ作用によって、下半身の静脈の血液が急に流れ始めるからです。

その際、血管内に血栓があると、それが一気に廃などに飛んで血管を詰まらせ、いわゆる肺塞栓を引き起こして死に至る場合があります。
そのため、海外旅行などの際には、こまめに水分補給をして、できるだけ頻繁に姿勢を変え、軽いマッサージなどをすると良いです。

さらに、足を心臓よりも少し高くして休むと、リンパの流れが正常に保たれ、足のむくみは解消されやすいです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  3. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  4. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  5. 2016-1-26

    エコノミークラス症候群について考える

    エコノミークラス症候群とは、海外旅行時などに、飛行機内で長時間同じ姿勢を取り続けることで起こる病気で…
ページ上部へ戻る