運動制御と異種表象の原理

運動計画の多くは空間座標の中で生じますが、脳は2つに分けられる座標系を利用しています。

他者中心的座標では、種々の対象物の位置は、それらの相対的位置関係によって符号化されています。

他方で、自己中心的座標では、対象物の位置は、自己の身体部位のどこかとの相対的位置関係で符号化されています。

すなわち、意識的知覚に利用されている空間的表象(他者中心的)と運動のための空間的表象(自己中心的で知覚されないもの)との区別が必要となります。

後葉頭の一次・二次視覚皮質からの2つの解剖学的線維結合のうち、ひとつは腹側の側頭葉に向かい、他者中心的空間を表象します。

他方は背側の頭頂葉に向かい、自己中心的空間を表象し、前者は意識的な知覚に関与し、後者は運動行動に役立っています。

環境の目標は、他者中心的空間で符号化されていますが、これは効果器に関しては特化することはなく、その環境における運動の望ましい結果を記述しています。

例えば、テーブル上のコップを動かす動作を行う身体部位は定められていないというものです。

自己中心的空間は、対象物と効果器との関係で定義されます。

そのため、表象を作る前に効果器を選択しておく必要があります。

また、他者中心的空間では、対象物の場所自体が固定され、符号化されています。

自己中心的空間では、身体が動けば、対象物の位置も移動し、意識的な運動制御では、身体部位を他者中心的空間枠組みとすることもあります。

自己中心的空間は、身体のいずれかの部分を中心とした座標系に依存し、頭部や体幹を中心とする空間座標系の報告もあります。

さらに、運動皮質における符号化も自己中心的空間において行われています。

しかし、筋群の神経支配に関する符号化の部位が明らかになっていません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  2. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  4. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  5. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
ページ上部へ戻る