腱の機能解剖

腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。
筋腱移行部では腱は筋細胞と強固に結合し、骨への付着部では骨膜の結合組織とつよく癒合し、一部は貫通線維となって骨皮質に強固に付着する。
一般的に筋の腱は円形に近い索状構造である。
内・外腹斜筋の腱のように扁平なものは腱膜と言う。
腱は牽引力に対して強力で、生理的断面積1平方cmにつき約500kgの張力に耐える。

筋腱移行部の近傍には固有感覚受容器であるゴルジ腱器官がある。
これは小嚢に包まれた数本の腱線維からなり、筋が伸張されたときの情報を求心性神経のIb線維を経由して脊髄に伝達する。

腱は約75%のコラーゲン線維と5%の弾力線維からなり、少数の腱細胞や血管・神経が分布している。
腱原線維は集合して線維束となり、これが腱内結合組織で結ばれて腱束となる。
腱束の被膜を外腱周膜という。

腱が一直線に走行する部分では、弾性のある疎性結合組織に包まれ、筋膜などに接している。

腱に接している腱傍織は腱とともに動き、外側の腱傍織は筋膜に付着して動かない。
骨や関節の部分などで腱が方向を変えるところには腱鞘がある。
腱鞘は腱を覆う滑膜層と外層の繊維層からなる。
腱上膜は腹膜様の構造を示し、腱間膜で結ばれ、内部に滑液がある。
腱間膜からの神経・血管が入る。
腱鞘は滑車の働きをして、腱が方向を変化するときに弓弦様になるのを防ぐ。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  2. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  3. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  4. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  5. 2015-10-3

    足底筋膜炎のメカニズム

    足底筋膜(plantar fascia)は足底筋群を覆う筋膜のことですが、その中央部は強靭な線維で構…
ページ上部へ戻る