腱の機能解剖

腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。
筋腱移行部では腱は筋細胞と強固に結合し、骨への付着部では骨膜の結合組織とつよく癒合し、一部は貫通線維となって骨皮質に強固に付着する。
一般的に筋の腱は円形に近い索状構造である。
内・外腹斜筋の腱のように扁平なものは腱膜と言う。
腱は牽引力に対して強力で、生理的断面積1平方cmにつき約500kgの張力に耐える。

筋腱移行部の近傍には固有感覚受容器であるゴルジ腱器官がある。
これは小嚢に包まれた数本の腱線維からなり、筋が伸張されたときの情報を求心性神経のIb線維を経由して脊髄に伝達する。

腱は約75%のコラーゲン線維と5%の弾力線維からなり、少数の腱細胞や血管・神経が分布している。
腱原線維は集合して線維束となり、これが腱内結合組織で結ばれて腱束となる。
腱束の被膜を外腱周膜という。

腱が一直線に走行する部分では、弾性のある疎性結合組織に包まれ、筋膜などに接している。

腱に接している腱傍織は腱とともに動き、外側の腱傍織は筋膜に付着して動かない。
骨や関節の部分などで腱が方向を変えるところには腱鞘がある。
腱鞘は腱を覆う滑膜層と外層の繊維層からなる。
腱上膜は腹膜様の構造を示し、腱間膜で結ばれ、内部に滑液がある。
腱間膜からの神経・血管が入る。
腱鞘は滑車の働きをして、腱が方向を変化するときに弓弦様になるのを防ぐ。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  3. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  4. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  5. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
ページ上部へ戻る