腱の機能解剖

腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。
筋腱移行部では腱は筋細胞と強固に結合し、骨への付着部では骨膜の結合組織とつよく癒合し、一部は貫通線維となって骨皮質に強固に付着する。
一般的に筋の腱は円形に近い索状構造である。
内・外腹斜筋の腱のように扁平なものは腱膜と言う。
腱は牽引力に対して強力で、生理的断面積1平方cmにつき約500kgの張力に耐える。

筋腱移行部の近傍には固有感覚受容器であるゴルジ腱器官がある。
これは小嚢に包まれた数本の腱線維からなり、筋が伸張されたときの情報を求心性神経のIb線維を経由して脊髄に伝達する。

腱は約75%のコラーゲン線維と5%の弾力線維からなり、少数の腱細胞や血管・神経が分布している。
腱原線維は集合して線維束となり、これが腱内結合組織で結ばれて腱束となる。
腱束の被膜を外腱周膜という。

腱が一直線に走行する部分では、弾性のある疎性結合組織に包まれ、筋膜などに接している。

腱に接している腱傍織は腱とともに動き、外側の腱傍織は筋膜に付着して動かない。
骨や関節の部分などで腱が方向を変えるところには腱鞘がある。
腱鞘は腱を覆う滑膜層と外層の繊維層からなる。
腱上膜は腹膜様の構造を示し、腱間膜で結ばれ、内部に滑液がある。
腱間膜からの神経・血管が入る。
腱鞘は滑車の働きをして、腱が方向を変化するときに弓弦様になるのを防ぐ。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  2. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  3. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  4. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  5. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
ページ上部へ戻る