アミノ酸プール

身体にあるアミノ酸は食事から得られるタンパク質に由来するアミノ酸と、身体にあるタンパク質に由来するアミノ酸が混合して存在していて、それらのアミノ酸は、新しいタンパク質の合成原料やエネルギー源として利用されています。

体内にあるタンパク質は、常に新しいタンパク質に合成されて入れ換わっています。

そして、それらの新しいタンパク質を生成するために、アミノ酸が使われているのです。

正常な状態では、体内には約25gの遊離アミノ酸(他の物質と結合していないアミノ酸として存在するもの)があり、血液中と筋肉中に存在しています。

これを「アミノ酸プール」といい、ようするに溶けて遊離した状態で存在しています。

1日で、成人が必要とされるタンパク質は、体重1kgあたり1.5~2gとされています。

健康的な状態では、摂取したタンパク質の量と同じ量のタンパク質が代謝され排出されていて、バランスがとれています。

タンパク質は、1日あたり約300gが分解され、約200gが合成されます。

そこで合成されるものは、体タンパク質、筋肉、内蔵、酵素、ホルモンのなど生体の成分のほとんどです。

では、摂取しすぎたタンパク質はというと、どこへいくのでしょうか?

例えば、摂取したタンパク質の量が、200gだったとき、必要量の100gのタンパク質についてはアミノ酸プールに貯蔵されますが、過剰分の100gのタンパク質は肝臓で分解され、直接オルニチン回路に入り尿素となり排出されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  3. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
  4. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  5. 2017-2-5

    筋肥大を促すホルモンを分泌するために

    筋肥大を促す代表的な物質には、成長ホルモン、テストステロン、インスリン様成長因子ーⅠなどがあります。…
ページ上部へ戻る