ウイルスと細菌

ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。

まず、感染症を簡潔に定義すれば、微生物がヒトの体内で引き起こす病気となります。

これらの微生物は、大まかには、ウイルス、細菌、真菌、原虫、寄生中に分類され、広義の細菌にはリケッチア、マイコプラズマ、スピロヘータ、マイコバクテリウムなども含まれます。

さらに、微生物の定義を満たすか議論はありますが、狂牛病の原因とも言われるプリオンも感染症の病原体となります。

ウイルスはプリオンを除けば最小の微生物で、DNA、RNAのいずれか一方のみを有します。

ウイルスは感染した宿主の細胞内でのみ増殖し、生存、増殖のために宿主細胞の代謝系を利用します。

よって、特定の細胞への親和性が強く、ウイルス自体は血行性に全身をめぐりますが、障害を引き起こすのは、特定の細胞、組織であることが多いとされています。

ウイルス感染では、感染細胞の壊死などの変化に対しリンパ球主体の炎症反応が生じる炎症性疾患が一般的です。

また、一般的な炎症性疾患以外に、AIDSや亜急性硬化性全脳炎など感染後長い潜伏期を経て発症するスローウイルス感染症も知られています。

さらに、炎症以外にも、腫瘍発生、臓器奇形の原因となるウイルスも存在します。

次に細菌ですが、細菌は光学顕微鏡で観察可能で、DNA、RNAの両方を有し、一部のものを除けば細胞外でも増殖します。

細菌にはさまざまな種類がありますが、大まかにはグラム染色による染色性と菌の形態によりグラム陽性球菌、グラム陰性桿菌などに分けられます。

細菌感染では主に好中球浸潤を特徴として化膿性炎症が引き起こされ、ウイルスに比べて一般に組織の破壊性を強く、腫瘍が形成されることもしばしばあります。

また、菌によっては産生する毒によりエンドトキシンショックなど種々の細胞組織障害が引き起こされることも特徴です。

結核菌のように肉芽腫性炎症を引き起こす細菌もあります。

また、ヘリコバクターピロリのように急性、慢性の炎症だけでなく、悪性リンパ腫などの腫瘍発生に関与しているものあります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-24

    オメガ3脂肪酸の抗炎症機能

    EPAやDHAなどの「オメガ3脂肪酸」は魚油などに多く含まれていて、「オメガ3脂肪酸」は視力の維持や…
  2. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  3. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  4. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  5. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
ページ上部へ戻る