運動スキーマと運動コスト

複雑な運動を構成する単純な時間的・空間的要素は、運動プリミティブまたは運動スキーマとよばれます。

コンピュータグラフィックスの単純な直線や楕円や四角形のように、運動スキーマも大きさや時間のスケールを変更することができます。

把持、書字、タイピング、描画などの複雑な行動の神経表現は、これらの単純な時間的・空間的要素の集合として蓄えられると考えられます。

さまざまな課題に対する最近の計算論的研究からは、運動スキーマのレパートリーは、すべての動作方法をランク付けして、最善のものを選択するプロセスの結果であることが示唆されています。

この考え方は、われわれの運動が、何らかの限界に到達するまで、進化あるいは運動学習を通じて次第に改善されることを含んでいます。

脳は、ある運動の良し悪しを定量化するため、可能な運動の1つ1つにコストを割りあて、コストが最小の運動を実行するよう働きます。

コストは運動と課題の関数として表現され、研究者らは、観察される運動パターンや摂動の研究からこの関数の形を特定しようと努力してきました。

また、コストはキネマティクスで決まる場合もあります。

例えば、運動の滑らかさが足りない場合には、運動の全体にわたって合計した手の加速度の変化率が最小になるように修正することができます。

あるいは、コストは動力学的に決定される場合もあります。

例えば、運動出力の変動は運動指令の大きさに比例するため、意図する一連の運動指令を何度も繰り返しているうちに、実際の運動の分布が得られます。

一連の運動指令を修正することにより、この分布を制御することが得られます。

単純な照準運動では、コストは目標に関する変動として測定される最終的な誤差になります。

このコストを最小化するモデルは、眼と手の両方の運動の軌道を正しく正確に予測できるであろうと推測されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  2. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  3. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  4. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  5. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
ページ上部へ戻る