運動スキーマと運動コスト

複雑な運動を構成する単純な時間的・空間的要素は、運動プリミティブまたは運動スキーマとよばれます。

コンピュータグラフィックスの単純な直線や楕円や四角形のように、運動スキーマも大きさや時間のスケールを変更することができます。

把持、書字、タイピング、描画などの複雑な行動の神経表現は、これらの単純な時間的・空間的要素の集合として蓄えられると考えられます。

さまざまな課題に対する最近の計算論的研究からは、運動スキーマのレパートリーは、すべての動作方法をランク付けして、最善のものを選択するプロセスの結果であることが示唆されています。

この考え方は、われわれの運動が、何らかの限界に到達するまで、進化あるいは運動学習を通じて次第に改善されることを含んでいます。

脳は、ある運動の良し悪しを定量化するため、可能な運動の1つ1つにコストを割りあて、コストが最小の運動を実行するよう働きます。

コストは運動と課題の関数として表現され、研究者らは、観察される運動パターンや摂動の研究からこの関数の形を特定しようと努力してきました。

また、コストはキネマティクスで決まる場合もあります。

例えば、運動の滑らかさが足りない場合には、運動の全体にわたって合計した手の加速度の変化率が最小になるように修正することができます。

あるいは、コストは動力学的に決定される場合もあります。

例えば、運動出力の変動は運動指令の大きさに比例するため、意図する一連の運動指令を何度も繰り返しているうちに、実際の運動の分布が得られます。

一連の運動指令を修正することにより、この分布を制御することが得られます。

単純な照準運動では、コストは目標に関する変動として測定される最終的な誤差になります。

このコストを最小化するモデルは、眼と手の両方の運動の軌道を正しく正確に予測できるであろうと推測されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-7

    カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

    カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に…
  2. 2015-6-16

    食餌による体内時計のリセット

    近年、朝食の欠食や、夜食の摂食は、肥満になりやすいことが知られており、規制正しく朝食・昼食・夕食を摂…
  3. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
  4. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  5. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
ページ上部へ戻る