ダイエットのあるある。

ダイエットをしていて、最初はどんどん体重が落ちていったのに急に落ちなくなったというような経験があるかと思います。

そうなる理由はいくつもあるのですが、その一つとして消費されるエネルギーが変わっていくというものがあります。

基本的にヒトの体内でエネルギーとして使われる栄養素はタンパク質・糖質・脂質の三大栄養素です。

それぞれ1gあたり4kcal(タンパク質)4kcal(糖質)9kcal(脂質)のエネルギーを持ちます。

これがそのままの形で体内に貯蔵されるかというとそうではありません。

体内で貯蔵される場合、脂質以外の栄養素には水がくっつきます。

脂質は水と混ざりにくいため、そのままの形で貯蔵されますが、タンパク質と糖質には1gあたり2〜3gの水と結合します。

そうなるとタンパク質・糖質の1gあたりの発生熱量は1〜2kcalになります。

したがって同じkcalを消費した場合、使用されるエネルギーによって体重の減少量に差が出てきます。

ダイエット初期は糖質エネルギーが優先的に使われ、消費エネルギーあたりの体重減少が顕著に起こりますが、運動を継続していくと、脂質エネルギーが動員されやすくなり、体重減少は緩やかですが、体脂肪の減少が亢進されます。

ダイエットの最大の目的は体重減少よりも体脂肪の減少ですから、もし体重が減らなくなってもそこで諦めないようにしましょう。

とはいえ、運動処方そのものの間違いという可能性もあるため、多面的な見方をしていくことが必要です。

全てがベストとまではいかなくてもベターな選択ができると良いですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-3

    足底筋膜炎のメカニズム

    足底筋膜(plantar fascia)は足底筋群を覆う筋膜のことですが、その中央部は強靭な線維で構…
  2. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  3. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  4. 2015-12-14

    食欲とグルコスタティックセオリー(糖定常説)

    1955年、アメリカの科学者Jean Mayerは、視床下部には血中のグルコースの濃度を検知するニュ…
  5. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
ページ上部へ戻る