肺の解剖学

肺は形態学的には、一種の複合胞状腺とみなすべき器官で、気管支と気管はその導管に相当しているといえます。

気管から分かれた気管支は肺の内部で樹状に分岐し、肺の各小葉の中で、細気管支となり、その先は、終末細気管支、呼吸細気管支と細くなり、10〜20個の肺胞が開く肺胞管に終わります。

細気管支の口径は0.2〜0.4mmであり、また肺胞の大きさは0.1〜0.3mmとなります。

肺胞の数は左右両肺合わせて7〜15億、その表面積は90〜140㎡と推測されます。

肺の実質部は肺小用とよばれ、結合組織において区画され、肺の表面において多角形の小区としてはっきり観察されます。

これは主に小葉結合組織に外気から吸入された炭粉が沈着しているからになります。

小葉の大きさは約0.3〜3.0mlになります。

肺内部にある気管支の構造も肺外のものとほぼ同じですが、管壁の軟骨は不規則な鱗状で、管の末梢に行くに連れて次第に消失してしまいます。

粘膜も初めは比較的厚く、中に気管支腺をもっていますが、次第に薄くなって腺を失い、終末細気管支あたりからは、単層円柱上皮と薄い平滑筋層だけから成り、そして肺胞になります。

肺胞の壁をつくっている上皮は無線毛で、立方形の大型の細胞と著しく扁平な細胞とからなっており、これを呼吸上皮といいます。

大型の上皮細胞は表面活性物質(サーファクタント)を産生・分泌し、薄い壁で囲まれた泡のような肺胞が、表面張力でつぶれることを防いでいます。

肺門をはいった肺動脈は気管支に伴って次第に分岐し、肺胞に達してその壁内に密な毛細血管網をつくっています。

毛細血管内の血液と肺胞内の空気とは、毛細血管の壁と呼吸上皮とを通して浸透作用によってガス交換を行います。

この毛細血管網は集まって肺静脈となり、気管支と静脈とは伴行せず、肺門に帰っていきます。

若干の細い気管支動脈は肺門から気管支とともに肺内に分布し、毛細血管となって肺の実質を灌漑したのち、最寄りの肺静脈および気管支静脈に注ぎます。

気管支静脈は肺門を出て、奇静脈または半奇静脈に注ぎます。

気管支静脈は呼吸作用とは直接の関係なく、肺の組織に酸素と栄養物質を供給します。

このように、肺にはその本来の使命を遂行するための機能血管すなわち肺動脈および肺静脈と、肺自身を養うためのいわゆる栄養血管すなわち気管支動静脈とが別になっています。

これに似た関係は肝臓にも見られ、ここでは門脈系が機能血管、固有肝動脈が栄養血管となっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  2. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  3. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
ページ上部へ戻る