肺の解剖学

肺は形態学的には、一種の複合胞状腺とみなすべき器官で、気管支と気管はその導管に相当しているといえます。

気管から分かれた気管支は肺の内部で樹状に分岐し、肺の各小葉の中で、細気管支となり、その先は、終末細気管支、呼吸細気管支と細くなり、10〜20個の肺胞が開く肺胞管に終わります。

細気管支の口径は0.2〜0.4mmであり、また肺胞の大きさは0.1〜0.3mmとなります。

肺胞の数は左右両肺合わせて7〜15億、その表面積は90〜140㎡と推測されます。

肺の実質部は肺小用とよばれ、結合組織において区画され、肺の表面において多角形の小区としてはっきり観察されます。

これは主に小葉結合組織に外気から吸入された炭粉が沈着しているからになります。

小葉の大きさは約0.3〜3.0mlになります。

肺内部にある気管支の構造も肺外のものとほぼ同じですが、管壁の軟骨は不規則な鱗状で、管の末梢に行くに連れて次第に消失してしまいます。

粘膜も初めは比較的厚く、中に気管支腺をもっていますが、次第に薄くなって腺を失い、終末細気管支あたりからは、単層円柱上皮と薄い平滑筋層だけから成り、そして肺胞になります。

肺胞の壁をつくっている上皮は無線毛で、立方形の大型の細胞と著しく扁平な細胞とからなっており、これを呼吸上皮といいます。

大型の上皮細胞は表面活性物質(サーファクタント)を産生・分泌し、薄い壁で囲まれた泡のような肺胞が、表面張力でつぶれることを防いでいます。

肺門をはいった肺動脈は気管支に伴って次第に分岐し、肺胞に達してその壁内に密な毛細血管網をつくっています。

毛細血管内の血液と肺胞内の空気とは、毛細血管の壁と呼吸上皮とを通して浸透作用によってガス交換を行います。

この毛細血管網は集まって肺静脈となり、気管支と静脈とは伴行せず、肺門に帰っていきます。

若干の細い気管支動脈は肺門から気管支とともに肺内に分布し、毛細血管となって肺の実質を灌漑したのち、最寄りの肺静脈および気管支静脈に注ぎます。

気管支静脈は肺門を出て、奇静脈または半奇静脈に注ぎます。

気管支静脈は呼吸作用とは直接の関係なく、肺の組織に酸素と栄養物質を供給します。

このように、肺にはその本来の使命を遂行するための機能血管すなわち肺動脈および肺静脈と、肺自身を養うためのいわゆる栄養血管すなわち気管支動静脈とが別になっています。

これに似た関係は肝臓にも見られ、ここでは門脈系が機能血管、固有肝動脈が栄養血管となっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-4

    コアスタビリティトレーニングとは

    多くの選手がコアスタビリティトレーニングと呼ばれる腹横筋の活性化を強調したトレーニングを行っていると…
  2. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  3. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  4. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  5. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
ページ上部へ戻る