スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。
そのなかでも、筋・筋膜性腰痛などの器質的および神経学的所見を認めない腰痛の多くは、脊柱、特に腰椎のアライメント不良が症状の出現に関与していると考えられています。

解剖学的に考えてみると、脊柱は胸郭と骨盤帯を連結しており、身体を支える上で極めて重要な作用を有しています。
しかしながら、脊柱の骨および靱帯の構造は脆弱であり、脊柱自体が耐えうる負荷量は胸椎部で約20~30N、腰椎部では約80~90N と報告されており、静的構造体のみでは身体を支えることができないとも言われています。

脊柱が有する屈曲伸展、側屈、回旋の複合的な運動を安定化させるためには、腰部周囲の高い筋機能が求められることになります。
腰部の前面および外側面には腹直筋、内・外腹斜筋、腹横筋などの腹筋群があり、これらは総称して「コア」と呼ばれています。
コアは、筋収縮により「腹腔内圧」を高める機能を有していて、この腹腔内圧の上昇が脊柱の安定性に寄与しています。
つまり、コアの機能が保たれていれば、体幹が安定し骨盤以下の下肢へと力が伝わりやすくなるだけでなく、腰痛も軽減させることができると考えられています。
したがって、スポーツ現場では腰痛の症状を有するスポーツ選手に対して、安静にするのではなくコアをトレーニングターゲットとしたプログラムが提供される必要が出てきます。

コアの中でも腹横筋と内腹斜筋を解剖学的に観察すると、腹横筋は胸腰筋膜を介した腰椎から起こり、前方で対側の腹横筋や内腹斜筋に付着しています。
また腹横筋の筋線維は水平方向に走っており、収縮により胸腰筋膜の緊張が高まり腹囲が減少すると共に腹圧が高まることが知られています。
つまり構造的に見ても、腹横筋は深層に位置する腹筋群の中でも最も腹部および脊柱の剛性を高める働きを担っているものと考えられます。
一方で内腹斜筋は、腸骨稜や鼠径靱帯から肋骨下縁に走行するため、体幹の同側回旋や側屈作用を有する筋になります。
特に下部線維では腹横筋と連続性を持つ部分があることや、腹横筋と走行が類似していることからも、内腹斜筋も腹圧の調節に関与していると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-16

    東洋医学でいう五臓とは?

    東洋医学と西洋医学では、人体の内臓器官の表現が異なります。東洋医学の臓器名称は、単純に臓器を示す…
  2. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  3. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  4. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  5. 2017-3-16

    エクササイズのステップアップ

    ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、…
ページ上部へ戻る