スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。
そのなかでも、筋・筋膜性腰痛などの器質的および神経学的所見を認めない腰痛の多くは、脊柱、特に腰椎のアライメント不良が症状の出現に関与していると考えられています。

解剖学的に考えてみると、脊柱は胸郭と骨盤帯を連結しており、身体を支える上で極めて重要な作用を有しています。
しかしながら、脊柱の骨および靱帯の構造は脆弱であり、脊柱自体が耐えうる負荷量は胸椎部で約20~30N、腰椎部では約80~90N と報告されており、静的構造体のみでは身体を支えることができないとも言われています。

脊柱が有する屈曲伸展、側屈、回旋の複合的な運動を安定化させるためには、腰部周囲の高い筋機能が求められることになります。
腰部の前面および外側面には腹直筋、内・外腹斜筋、腹横筋などの腹筋群があり、これらは総称して「コア」と呼ばれています。
コアは、筋収縮により「腹腔内圧」を高める機能を有していて、この腹腔内圧の上昇が脊柱の安定性に寄与しています。
つまり、コアの機能が保たれていれば、体幹が安定し骨盤以下の下肢へと力が伝わりやすくなるだけでなく、腰痛も軽減させることができると考えられています。
したがって、スポーツ現場では腰痛の症状を有するスポーツ選手に対して、安静にするのではなくコアをトレーニングターゲットとしたプログラムが提供される必要が出てきます。

コアの中でも腹横筋と内腹斜筋を解剖学的に観察すると、腹横筋は胸腰筋膜を介した腰椎から起こり、前方で対側の腹横筋や内腹斜筋に付着しています。
また腹横筋の筋線維は水平方向に走っており、収縮により胸腰筋膜の緊張が高まり腹囲が減少すると共に腹圧が高まることが知られています。
つまり構造的に見ても、腹横筋は深層に位置する腹筋群の中でも最も腹部および脊柱の剛性を高める働きを担っているものと考えられます。
一方で内腹斜筋は、腸骨稜や鼠径靱帯から肋骨下縁に走行するため、体幹の同側回旋や側屈作用を有する筋になります。
特に下部線維では腹横筋と連続性を持つ部分があることや、腹横筋と走行が類似していることからも、内腹斜筋も腹圧の調節に関与していると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  3. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  4. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  5. 2016-1-8

    筋の粘弾性性質と収縮活動

    筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子に…
ページ上部へ戻る