可動性・安定性と機能的な運動制御

代償動作は、ある程度の機能不全に対処する杖のようなもので、脳によって自然と形成されます。
代償により、静的・動的な環境下で良好かつ再現性の高い運動制御(モーターコントロール)が発揮できなくなってしまうことがあります。
このような場合、スティフネスとタイトネスが残された選択肢となります。

ローカル筋による安定性が必要な場面でグローバル筋が活動してしまうケースは、まさにその好例です。
この場合、スティフネスとタイトネスは傷害の結果ではないと考えられます。
この場合多くは、習慣や誤った動作パターン、フォームやアライメント、姿勢、協調性が悪い状態で繰り返し動作を行った活動の結果であることが多いといえます。
つまり機能的な運動制御(モーターコントロール)が働かないと、身体はスティフネスやタイトネスに頼るようになり、結果としてスティフネスがその人の動作特性の一部となってしまいます。

組織伸張性の低下や筋緊張の増加、関節の退行変性、全身のスティフネスは、安定性低下の副産物であるといえます。
これらによって自然と制限が形成され、正常な感覚と運動の相互関係がうまく構築できなくなってしまいます。
この状態での力学的な健全性・安定性は高まるかもしれませんが、これには限界があります。
つまり、スティフネスは安定性そのものではないからです。
ここで発生しているスティフネスは、本物の安定性ではないため、環境への適応能力が欠けています。
したがって、可動性の問題はその裏に潜んだ安定性の問題の結果といえます。

この場合、可動性の問題を修正すると、安定性の問題が姿を現すため、まず可動性の改善と安定性の修正に対する反応を観察するとよいとされています。
したがって、原因が何であれ、まずは可動性の制限を可能な限り解消することが重要になってきます。
その後に安定性を再学習するための環境を用意します。

その過程には数日から数カ月を要することもありますが、手順通りに可動性を改善させてから安定性のトレーニングに移行することを常に正しく行うことにより、可動性の修正の効果や感覚入力が改善していくことになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  2. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  3. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  4. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  5. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
ページ上部へ戻る