可動性・安定性と機能的な運動制御

代償動作は、ある程度の機能不全に対処する杖のようなもので、脳によって自然と形成されます。
代償により、静的・動的な環境下で良好かつ再現性の高い運動制御(モーターコントロール)が発揮できなくなってしまうことがあります。
このような場合、スティフネスとタイトネスが残された選択肢となります。

ローカル筋による安定性が必要な場面でグローバル筋が活動してしまうケースは、まさにその好例です。
この場合、スティフネスとタイトネスは傷害の結果ではないと考えられます。
この場合多くは、習慣や誤った動作パターン、フォームやアライメント、姿勢、協調性が悪い状態で繰り返し動作を行った活動の結果であることが多いといえます。
つまり機能的な運動制御(モーターコントロール)が働かないと、身体はスティフネスやタイトネスに頼るようになり、結果としてスティフネスがその人の動作特性の一部となってしまいます。

組織伸張性の低下や筋緊張の増加、関節の退行変性、全身のスティフネスは、安定性低下の副産物であるといえます。
これらによって自然と制限が形成され、正常な感覚と運動の相互関係がうまく構築できなくなってしまいます。
この状態での力学的な健全性・安定性は高まるかもしれませんが、これには限界があります。
つまり、スティフネスは安定性そのものではないからです。
ここで発生しているスティフネスは、本物の安定性ではないため、環境への適応能力が欠けています。
したがって、可動性の問題はその裏に潜んだ安定性の問題の結果といえます。

この場合、可動性の問題を修正すると、安定性の問題が姿を現すため、まず可動性の改善と安定性の修正に対する反応を観察するとよいとされています。
したがって、原因が何であれ、まずは可動性の制限を可能な限り解消することが重要になってきます。
その後に安定性を再学習するための環境を用意します。

その過程には数日から数カ月を要することもありますが、手順通りに可動性を改善させてから安定性のトレーニングに移行することを常に正しく行うことにより、可動性の修正の効果や感覚入力が改善していくことになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-13

    神経系と知覚伝導路

    上行性伝導路は求心性伝導路ともよばれ、末梢からの刺激を中枢に導く経路の総称です。知覚・味覚・…
  2. 2015-6-21

    疲れやコリを取り除くコリ回路とは

    筋中において、疲れやコリの一因になるのは、血中の乳酸濃度が高まることによるpHの低下、乳酸性アシドー…
  3. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  4. 2015-10-12

    アキレス腱周囲炎

    使いすぎ症候群のひとつで、スポーツ障害として高頻度にみられるアキレス腱周囲炎ですが、中年以降のジョギ…
  5. 2016-12-26

    動きづくりのトレーニング

    スポーツにおいて、よりうまくなる為に様々な努力を行うと思います。例えば、野球をうまくなるために何…
ページ上部へ戻る