筋の粘弾性性質と収縮活動

筋緊張(トーン【tone】)、もしくは筋張力(テンション【tension】)は生理学的に2つの因子によって決定されます。

一つは筋に関連する軟部組織の基礎的な粘弾性性質、もう一つは筋の収縮性器官の活動性の程度といわれ、この2つの因子によって決定されます。

筋の基礎的な粘弾性の性質は、筋の硬さ(タイトネス、スティフネス)、伸張性(長さ)の低下と関係しており、一方、収縮性器官は顎関節筋のスパズムによる開口障害、もしくは痙性斜頸でみられるような収縮性活動の増加と関係しています。
粘弾性変化に関しては、筋は収縮性の筋繊維の短縮、もしくは筋内の結合組織や隣接する筋膜の退縮に続いて短縮するか硬化する(伸張性が減少)可能性が示唆されています。

また収縮性の筋緊張は、トリガーポイントにみられる緊張した帯のような一定の筋繊維、あるいは筋の大部分の筋繊維に影響を及ぼすこともあります。
これを臨床的に考えてみると、安静時の筋緊張とは収縮性と粘弾性の両方の性質の組み合わせで起こっているものと考えられます。
硬い筋は安静時に筋緊張が高く、非刺激性の閾値が低くなります。
これらの筋は、動作の中でより容易に使われることを意味しています。
高い筋緊張の存在や低い非刺激性の閾値は、拮抗筋の抑制の一因となります。
その状態が続くと、多くの場合で疼痛や機能障害を引き起こすことになります。

そのため、硬い筋のストレッチや硬い筋の安静時の筋緊張を抑制することは、同時に抑制された拮抗筋の筋力を改善させる可能性があります。

通常やや硬めの筋は、筋力テストでは正常より強い場合が多く、著しく硬い筋は筋力がいくらか低下を示すことが多いとされています。
この弱化は、筋の硬さによる筋弱化と言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  2. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  3. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  4. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  5. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
ページ上部へ戻る