持続的な伸張に対する筋の適応

伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。

その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たして筋にはどういった反応が現れるでしょうか。

持続的な伸張に関する実験が、イギリスの筋細胞生物学者であるPamella WilliamsとGeoffrey Goldspink(1971, 1973)によって行われました。

Williamsらはマウスのヒラメ筋を伸張させるために足関節完全背屈位で固定し、筋の長さに沿って直列に連なるサルコメア数に生じる変化を測定しました。

結果は、4週間の固定によって、伸張されたヒラメ筋の静止時のサルコメア長が、伸張されていない通常のヒラメ筋のものとほぼ等しいものの、サルコメア数が20%増加しました。

このとき、まず足関節を背屈することによってヒラメ筋の筋腱複合体は二次的に伸張され、それによってサルコメアの長さが増加し、次にその筋は長さの増大を感じ取り、通常のサルコメア長に戻るために新しいサルコメアを合成したと考えられます。

同様の実験において、研究者らは足関節を完全に底屈した状態、すなわちヒラメ筋は短縮させた状態で不動化しました。

すると4週間後にはサルコメア数はおよそ40%減少しました。

その際、不動化した筋の長さ−張力関係を測ったところ、筋は固定された長さとほぼ近い長さでその筋の最大張力を発揮することが分かりました。

それを受けた研究者らの解釈は、筋は不動化された長さに適合するようにリセットされサルコメア数を調整するというものでした。

Williamsらはまた、神経を実験前に切断しても同一の結果が得られたことから、神経がない状態でもこれらの過程が生じることを示しました。

これは、適応過程のための中枢は筋自体に存在するということを示すものとなりました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  2. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  3. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  4. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  5. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
ページ上部へ戻る