持続的な伸張に対する筋の適応

伸張は筋に対して大きな適応を起こす手段のひとつです。

その伸張を持続的、慢性的に起こすと果たして筋にはどういった反応が現れるでしょうか。

持続的な伸張に関する実験が、イギリスの筋細胞生物学者であるPamella WilliamsとGeoffrey Goldspink(1971, 1973)によって行われました。

Williamsらはマウスのヒラメ筋を伸張させるために足関節完全背屈位で固定し、筋の長さに沿って直列に連なるサルコメア数に生じる変化を測定しました。

結果は、4週間の固定によって、伸張されたヒラメ筋の静止時のサルコメア長が、伸張されていない通常のヒラメ筋のものとほぼ等しいものの、サルコメア数が20%増加しました。

このとき、まず足関節を背屈することによってヒラメ筋の筋腱複合体は二次的に伸張され、それによってサルコメアの長さが増加し、次にその筋は長さの増大を感じ取り、通常のサルコメア長に戻るために新しいサルコメアを合成したと考えられます。

同様の実験において、研究者らは足関節を完全に底屈した状態、すなわちヒラメ筋は短縮させた状態で不動化しました。

すると4週間後にはサルコメア数はおよそ40%減少しました。

その際、不動化した筋の長さ−張力関係を測ったところ、筋は固定された長さとほぼ近い長さでその筋の最大張力を発揮することが分かりました。

それを受けた研究者らの解釈は、筋は不動化された長さに適合するようにリセットされサルコメア数を調整するというものでした。

Williamsらはまた、神経を実験前に切断しても同一の結果が得られたことから、神経がない状態でもこれらの過程が生じることを示しました。

これは、適応過程のための中枢は筋自体に存在するということを示すものとなりました。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  2. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  3. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  4. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  5. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
ページ上部へ戻る