脳の栄養因子ニューロトロフィン

ニューロンの生存および成長には、それを可能にする栄養因子(タンパク質)が必要です。

そういった栄養因子を総称してニューロトロフィンといい、ニューロンが支配する筋、その他の構造やアストロサイトによって産生されます。

これらはニューロン終末の受容体と結合し、細胞内へ取り込まれ、次いで逆行性軸索輸送によって細胞体へ運ばれます。

細胞体で、これらニューロトロフィンは、ニューロンの発育、成長、生存に関与するタンパク質の産生を促進させます。

また、ニューロトロフィンはニューロン内でも作られ、これは順行性に終末まで輸送され、そこでシナプス後ニューロンの健全性を維持しています。

ニューロトロフィンの中には、神経成長因子(nerve growth factor : NGF)、脳由来神経栄養因子(brain derived neurotrophic factor : BDNF)ニューロトロフィン3(neurotrophin3 : NT-3)ニューロトロフィン4/5(neurotrophin4/5 NT-4/5)などがあります。

この他にも、成長に影響を与える因子が存在し、シュワン細胞およびアストロサイトから産生する、毛様体神経栄養因子(ciliary neurotrophic factor : CNTF)は損傷を受けた脊髄および胎児の脊髄の生存を促進させます。

その他、グリア細胞株由来神経栄養因子(glial cell line derived neurotrophic factor : GDNF)や、白血病阻害因子(leukemia inhibitory factor : LIF)、インスリン様成長因子1(insulin like growth factor : IGF-1)、トランスフォーミング成長因子(transforming growth factor : TGF)、線維芽細胞成長因子(fibroblast growth factor : FGF)、血小板由来成長因子(platelet derived growth factor : PDGF)などがあります。

このように、ニューロン成長の調節は複雑な過程によって行われます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  2. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  3. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  4. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  5. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
ページ上部へ戻る