脳の栄養因子ニューロトロフィン

ニューロンの生存および成長には、それを可能にする栄養因子(タンパク質)が必要です。

そういった栄養因子を総称してニューロトロフィンといい、ニューロンが支配する筋、その他の構造やアストロサイトによって産生されます。

これらはニューロン終末の受容体と結合し、細胞内へ取り込まれ、次いで逆行性軸索輸送によって細胞体へ運ばれます。

細胞体で、これらニューロトロフィンは、ニューロンの発育、成長、生存に関与するタンパク質の産生を促進させます。

また、ニューロトロフィンはニューロン内でも作られ、これは順行性に終末まで輸送され、そこでシナプス後ニューロンの健全性を維持しています。

ニューロトロフィンの中には、神経成長因子(nerve growth factor : NGF)、脳由来神経栄養因子(brain derived neurotrophic factor : BDNF)ニューロトロフィン3(neurotrophin3 : NT-3)ニューロトロフィン4/5(neurotrophin4/5 NT-4/5)などがあります。

この他にも、成長に影響を与える因子が存在し、シュワン細胞およびアストロサイトから産生する、毛様体神経栄養因子(ciliary neurotrophic factor : CNTF)は損傷を受けた脊髄および胎児の脊髄の生存を促進させます。

その他、グリア細胞株由来神経栄養因子(glial cell line derived neurotrophic factor : GDNF)や、白血病阻害因子(leukemia inhibitory factor : LIF)、インスリン様成長因子1(insulin like growth factor : IGF-1)、トランスフォーミング成長因子(transforming growth factor : TGF)、線維芽細胞成長因子(fibroblast growth factor : FGF)、血小板由来成長因子(platelet derived growth factor : PDGF)などがあります。

このように、ニューロン成長の調節は複雑な過程によって行われます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-13

    高齢者における筋力エクササイズ

    加齢により筋骨格量は減少し、筋力低下を引き起こすことはよく知られています。加齢による筋力低下…
  2. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  3. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
ページ上部へ戻る