嚢胞性病変であるガングリオン

手関節の周囲に好発する嚢胞性病変であるガングリオンというものをご存知ですか?
ガングリオンは、関節包や腱鞘などから生じ、ゼリー状の粘性物質を内包する腫瘤で、特に若い女性に多く見られると言われています。
このガングリオンですが、詳しい原因は不明ですが、発症の要因としては外傷性のものや手の使い過ぎなどからの発症が起因しているのではないかと考えられています。

症状の典型例は、手関節背側に生じるもので、他の関節では手関節の母指側掌側やばね指が生じている指の付け根の掌側に生じやすかったりします。
この疾患は嚢胞性であるのが特徴ですが、単胞性の場合もあれば、多胞性の場合もあるとされています。

基本的な病態としては、滑液がガングリオンの嚢胞の中に入って濃縮され、それがゼリー状になることで貯留しているものと考えられています。

ガングリオンによって、神経や腱が圧迫されるようになると、疼痛や違和感を感じる事にもなりしびれや感覚障害が生じるケースも有りますが、その多くは無症候性であることが多いとされています。

ガングリオンの治療ですが、症状がない場合は、経過観察でも心配ないと考えられています。
しかしながら、大きくなっていくもの、痛みが強いもの、神経症状がでだしているものについては、治療の対象となります。

主な治療方法としては、針穿刺によって可能な限りゼリー状の内容物を吸引し、穿刺後は圧迫固定をするのが良いとされています。
また、このような場合でも再度貯留がみられるようなケースは、ガングリオンの茎を含めた摘出手術を行うこともあります。

しかしながら、症状が強いケースだけの治療が殆どで、全体の30%強は自然に消失するというように言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  2. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2016-3-14

    女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍…
  5. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
ページ上部へ戻る