脊柱安定化機構における靭帯の存在

脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。

前縦靭帯(ALL)は線維輪と椎間板の前側方の表面に付着していて、C2に始まり仙骨に停止しています。
また、後頭骨からC2までは前環軸椎靭帯とよばれる靭帯が付着しています。

一方、後縦靭帯(PLL)は線維輪と椎間板後方の表面に付着していて、C2から仙骨に付着しています。
後頭骨からC2までは蓋膜と呼ばれています。

また、黄色靭帯(LF)はC2から仙骨に及んで、脊柱管の後方表面と一つ上の椎弓とを連結しています。

この3つの靭帯がどのような関係性であるかを考えてみると、前縦靭帯、後縦靭帯および腰椎部分の黄色靭帯は長く数椎を連結している浅層部があり、一方で深層部は各椎骨と隣接椎のみを連結する構造となっています。

また前縦靭帯・後縦靭帯の2つは双方ともに椎間板と繊維輪にて付着していて、それゆえに椎間板の障害にて影響を受ける可能性をもっています。

また、脊柱の他の靭帯に目を向けると、棘間靭帯は分節的で、各椎体の棘突起から隣接する2つの椎骨の棘突起に伸びていて、腰椎部分でもっとも強靭になるとされている靭帯があります。

棘突起の上に存在する棘上靭帯は棘突起の先端から隣接する2つの椎骨の棘突起の先端に伸びていて、ほぼC7からL3~L4に伸びています。
この上、つまりC7より上では棘上靭帯は厚い弾性の強い項靱帯となっています。

他に横突間靭帯も分節的であり、各椎体の横突起から隣接する2つの椎骨の横突起を連結するように伸びています。

脊柱の靭帯はこのようないくつかの連結部により各椎体を安定化させようと保っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  2. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  3. 2015-3-4

    衛生仮説とは何か

    花粉症というと季節性のアレルギー性鼻炎になるわけですが、近年その発症率は上がってきています。…
  4. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  5. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る