脊柱安定化機構における靭帯の存在

脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。

前縦靭帯(ALL)は線維輪と椎間板の前側方の表面に付着していて、C2に始まり仙骨に停止しています。
また、後頭骨からC2までは前環軸椎靭帯とよばれる靭帯が付着しています。

一方、後縦靭帯(PLL)は線維輪と椎間板後方の表面に付着していて、C2から仙骨に付着しています。
後頭骨からC2までは蓋膜と呼ばれています。

また、黄色靭帯(LF)はC2から仙骨に及んで、脊柱管の後方表面と一つ上の椎弓とを連結しています。

この3つの靭帯がどのような関係性であるかを考えてみると、前縦靭帯、後縦靭帯および腰椎部分の黄色靭帯は長く数椎を連結している浅層部があり、一方で深層部は各椎骨と隣接椎のみを連結する構造となっています。

また前縦靭帯・後縦靭帯の2つは双方ともに椎間板と繊維輪にて付着していて、それゆえに椎間板の障害にて影響を受ける可能性をもっています。

また、脊柱の他の靭帯に目を向けると、棘間靭帯は分節的で、各椎体の棘突起から隣接する2つの椎骨の棘突起に伸びていて、腰椎部分でもっとも強靭になるとされている靭帯があります。

棘突起の上に存在する棘上靭帯は棘突起の先端から隣接する2つの椎骨の棘突起の先端に伸びていて、ほぼC7からL3~L4に伸びています。
この上、つまりC7より上では棘上靭帯は厚い弾性の強い項靱帯となっています。

他に横突間靭帯も分節的であり、各椎体の横突起から隣接する2つの椎骨の横突起を連結するように伸びています。

脊柱の靭帯はこのようないくつかの連結部により各椎体を安定化させようと保っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  3. 2016-2-21

    ジュニア期での運動パターンの獲得

    人間は、80を超える基礎的運動パターンをもっています。この基礎的運動パターンを6~7歳頃までに習…
  4. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
  5. 2016-2-3

    高齢者の歩行と注意

    2つ以上の課題に対して注意を分割する能力は、多くの日常的活動を行っている最中に移動運動を行う場合に重…
ページ上部へ戻る