脊柱安定化機構における靭帯の存在

脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。

前縦靭帯(ALL)は線維輪と椎間板の前側方の表面に付着していて、C2に始まり仙骨に停止しています。
また、後頭骨からC2までは前環軸椎靭帯とよばれる靭帯が付着しています。

一方、後縦靭帯(PLL)は線維輪と椎間板後方の表面に付着していて、C2から仙骨に付着しています。
後頭骨からC2までは蓋膜と呼ばれています。

また、黄色靭帯(LF)はC2から仙骨に及んで、脊柱管の後方表面と一つ上の椎弓とを連結しています。

この3つの靭帯がどのような関係性であるかを考えてみると、前縦靭帯、後縦靭帯および腰椎部分の黄色靭帯は長く数椎を連結している浅層部があり、一方で深層部は各椎骨と隣接椎のみを連結する構造となっています。

また前縦靭帯・後縦靭帯の2つは双方ともに椎間板と繊維輪にて付着していて、それゆえに椎間板の障害にて影響を受ける可能性をもっています。

また、脊柱の他の靭帯に目を向けると、棘間靭帯は分節的で、各椎体の棘突起から隣接する2つの椎骨の棘突起に伸びていて、腰椎部分でもっとも強靭になるとされている靭帯があります。

棘突起の上に存在する棘上靭帯は棘突起の先端から隣接する2つの椎骨の棘突起の先端に伸びていて、ほぼC7からL3~L4に伸びています。
この上、つまりC7より上では棘上靭帯は厚い弾性の強い項靱帯となっています。

他に横突間靭帯も分節的であり、各椎体の横突起から隣接する2つの椎骨の横突起を連結するように伸びています。

脊柱の靭帯はこのようないくつかの連結部により各椎体を安定化させようと保っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
  2. 2014-11-25

    「善玉」と「悪玉」って?

    以前、コレステロールについて、善も悪もないとお書きしましたが、「善玉」「悪玉」コレステロールとは何な…
  3. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  5. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
ページ上部へ戻る