関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(open−packed position)があります。
固定の位置とは、関節を構成する骨の凹面と凸面とが完全に合致し、関節包・靱帯が緊張した位置であり、関節の遊びがない状態のことをさします。
また固定の位置以外をゆるみの位置と呼んでいます。
さらにゆるみの位置のうち、最もゆるんだ位置を「least−packed position」といいます。
この位置では、関節の遊びが最も大き関節自体にかかる負担が少ないとされ、機能的肢位あるいは良肢位ともいわれています。
関節包内運動の評価・治療はこの位置から始められることが望ましいとされています。

関節包内運動は次の2 つから成ると考えられています。
a:関節の遊び(joint play)
骨運動は伴わず他動的にのみ起こる関節面での動きのこと。
離開(distraction)や関節の傾き(tilt)などがあります。
b:構成運動(component movement)
自動的、他動的な骨運勤に伴って起こる関節面の動きで、回転(rolling )、滑り(sliding)、および回旋(spin )などがあります。
この2つの関節包内運動を総称して「関節の遊び」としています。

関節包内運動における法則としては、骨運動に際し凸面を持つ骨が動く場合と、凹面を持つ骨が動く場合にはそれぞれ関節包内に一定の法則があるとされています。
a:凸の法則(convex rule)
関節の凸面を持つ骨が動く場合、関節包内では関節面がこの骨とは逆の方向に滑るという法則。
肩甲上腕関節において肩外転運動が起こる時、上腕骨が上に挙がるにつれて上腕骨頭が下に滑るという場合などがこれにあたります。
b:凹の法則(concave rule)
関節の凹面を持つ骨が動く場合には、凸の法則とは逆に関節面は骨の動ぎと同方向に滑りが起こるという法則。
中手指節(MP )関節の伸展において、基節骨底部が後方に滑るというのがこの例になります。

これらの法則は、動く骨の関節面の形態が凸面か凹面かによって骨運動が起こる際、例外なくみられる正常の動きになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  3. 2014-9-27

    発語「しゃべる」という能力って?

    ヒトが言葉をあやつれる第一の理由は、高い知性を実現するだけの脳を備えているからです。ヒトの大…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
ページ上部へ戻る