関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(open−packed position)があります。
固定の位置とは、関節を構成する骨の凹面と凸面とが完全に合致し、関節包・靱帯が緊張した位置であり、関節の遊びがない状態のことをさします。
また固定の位置以外をゆるみの位置と呼んでいます。
さらにゆるみの位置のうち、最もゆるんだ位置を「least−packed position」といいます。
この位置では、関節の遊びが最も大き関節自体にかかる負担が少ないとされ、機能的肢位あるいは良肢位ともいわれています。
関節包内運動の評価・治療はこの位置から始められることが望ましいとされています。

関節包内運動は次の2 つから成ると考えられています。
a:関節の遊び(joint play)
骨運動は伴わず他動的にのみ起こる関節面での動きのこと。
離開(distraction)や関節の傾き(tilt)などがあります。
b:構成運動(component movement)
自動的、他動的な骨運勤に伴って起こる関節面の動きで、回転(rolling )、滑り(sliding)、および回旋(spin )などがあります。
この2つの関節包内運動を総称して「関節の遊び」としています。

関節包内運動における法則としては、骨運動に際し凸面を持つ骨が動く場合と、凹面を持つ骨が動く場合にはそれぞれ関節包内に一定の法則があるとされています。
a:凸の法則(convex rule)
関節の凸面を持つ骨が動く場合、関節包内では関節面がこの骨とは逆の方向に滑るという法則。
肩甲上腕関節において肩外転運動が起こる時、上腕骨が上に挙がるにつれて上腕骨頭が下に滑るという場合などがこれにあたります。
b:凹の法則(concave rule)
関節の凹面を持つ骨が動く場合には、凸の法則とは逆に関節面は骨の動ぎと同方向に滑りが起こるという法則。
中手指節(MP )関節の伸展において、基節骨底部が後方に滑るというのがこの例になります。

これらの法則は、動く骨の関節面の形態が凸面か凹面かによって骨運動が起こる際、例外なくみられる正常の動きになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
  2. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  3. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  4. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る