室傍核と食欲

室傍核は自律神経機能や内分泌機能に関係が深い部分です。

レプチンは体重を一定に保つためのホルモンであり、食欲を抑えるだけでなく代謝もコントロールしています。

交感神経がはたらけば脂肪細胞や筋肉でのATPの消費を高めて熱として放散させ、代謝が亢進します。

甲状腺ホルモンが分泌されれば、それが全身の細胞に働いて、やはり代謝を高めます。

室傍核はこのような代謝の制御を司るシステムです。

室傍核には「神経分泌ニューロン」が存在しています。

これはニューロンの性質と、内分泌細胞の性質をあわせもった細胞です。

血液中にホルモンを分泌するという、ほかのニューロンにはない特徴をもっています。

そのなかでおもに食欲や体重の調節に関係するのは、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)という神経ペプチドを分泌するニューロンです。

その軸索の末端は、正中隆起という部分に投射し、ここから血管に分泌されたCRHは脳下垂体前葉に作用して、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を分泌させます。

CRHの発現を刺激するのはさまざまなストレスです。

痛みなどの身体的ストレスのほか、心理的なストレスもCRHの分泌を増やします。

その結果、副腎皮質ホルモンの増加をきたし、ストレスに対する耐性を高めるわけです。

このときとCRHは、脳内で食欲を抑制する方向に働くことが分かっています。

つまり、ストレスは食欲を抑制するということになります。

また、神経ペプチドYは(NPY)は、CRHの合成と分泌を抑制します。

つまりレプチンには、NPYを介してCRHの合成・分泌を抑制する作用もあり、これがNPYによる食欲亢進作用の一部であると考えられます。

ただし最近の知見では、この系はあまり大きな役割を果たしていないようです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  2. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  3. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  4. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  5. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
ページ上部へ戻る