人は脊柱の安定性を高めることで、四肢を動かすことが可能と言われています。

ここ何年かの間によく聞くようになったコアトレーニングや体幹トレーニングはこの脊柱を安定させて四肢を自由に動かす為のトレーニングです。

このコアトレーニングや体幹トレーニングで強化される代表的な筋肉は、腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群です。

その中の腹横筋には、他の筋肉の収縮に先立って収縮を起こし脊柱を安定させる機能があります。

【上肢運動の場合は0.03秒前、下肢運動の場合は0.11秒前】

この機能をフィードフォワード機能と言います。

腰痛患者や腰痛の既往歴のある方は、このフィードフォワード機能が低下し、適切な腰椎骨盤泰の安定化ができないと言われています。

適切に働かない腹横筋は腰痛の原因やそれに伴う不定愁訴の原因、代償動作の原因となるため、腹横筋の再学習が重要となります。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  2. 2015-8-8

    随意運動と筋

    骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。骨格筋は、中枢神経系で形成され…
  3. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  4. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
  5. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
ページ上部へ戻る