人は脊柱の安定性を高めることで、四肢を動かすことが可能と言われています。

ここ何年かの間によく聞くようになったコアトレーニングや体幹トレーニングはこの脊柱を安定させて四肢を自由に動かす為のトレーニングです。

このコアトレーニングや体幹トレーニングで強化される代表的な筋肉は、腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群です。

その中の腹横筋には、他の筋肉の収縮に先立って収縮を起こし脊柱を安定させる機能があります。

【上肢運動の場合は0.03秒前、下肢運動の場合は0.11秒前】

この機能をフィードフォワード機能と言います。

腰痛患者や腰痛の既往歴のある方は、このフィードフォワード機能が低下し、適切な腰椎骨盤泰の安定化ができないと言われています。

適切に働かない腹横筋は腰痛の原因やそれに伴う不定愁訴の原因、代償動作の原因となるため、腹横筋の再学習が重要となります。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  2. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  3. 2017-1-4

    トレーニングで筋肉のバランスを改善

    腰痛に悩まされている方で、マッサージに行くけどまた腰が痛くなるという方多いと思います。腰痛の…
  4. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  5. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
ページ上部へ戻る