骨格筋周囲の結合組織の特性

骨格筋は多数の筋線維がコラーゲン線維を要構成とする結合組織に包まれています。
個々の筋線維は、結合組織の薄い膜である筋内膜(endomysium)に包まれていますが、厳密には筋内膜と筋線維の間にもコラーゲン線維を要構成とする基底膜という薄い膜が存在しています。
そして、数十、あるいは数百の筋線維が粗い結合組織である筋周膜(perimysium)に包まれ筋束をなし、すべての筋束は筋上膜(epimysium)によって集められて1つの骨格筋を形成しています。

この筋上膜は周囲の線維性結合組織とともに筋膜を形成していて、筋上膜を深筋膜、周囲の線維性結合組織を浅筋膜と表現することもあります。
骨格筋内の結合組織には筋線維以外の組織も多く含まれていて、太い血管と神経、筋紡錘、脂肪組織は筋周膜に分布しており、毛細血管と細い神経は筋内膜に分布しています。
このように骨格筋は何重にも結合組織で包まれた器官として存在していて、この結合組織に様々な変化が生じると骨格筋の伸張性、ひいては関節可動域に大きな影響を及ぼすことになります。

一方で、大部分の骨格筋は一側端ないし両端が結合組織のみで構成されています。
いわゆる腱です。

この腱は組織学的には靭帯と同じ密性結合組織で、非常に硬い組織であり、骨格筋の収縮によって発生した張力を骨に伝える役割を担っています。
腱は約75%のコラーゲン線維と5%の弾力線維からなり、少数の腱細胞や血管・神経が分布しています。
腱原線維は集合して線維束となり、これが腱内結合組織で結ばれて腱束となります。

この腱が一直線に走行する部分では、弾性のある疎性結合組織に包まれ、筋膜などに接しています。
腱に接している腱傍織は腱とともに動き、外側の腱傍織は筋膜に付着していて動かない構造になっています。
また骨や関節の部分などで腱が方向を変えるところには腱鞘があります。
腱鞘は腱を覆う滑膜層と外層の繊維層から構成されていて、腱上膜は腹膜様の構造を示し腱間膜で結ばれ、その内部に滑液が存在しています。
腱鞘の役割としては、滑車の働きをして腱が方向を変化するときに弓弦様になるのを防ぐ役割を担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  2. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  3. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  4. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  5. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
ページ上部へ戻る