感覚情報は運動と知覚では異なる経路で処理される

多くの研究によって、行動を制御するための感覚情報は、知覚に寄与する求心性経路とは別の神経経路で処理されるという考え方が指示されるようになってきました。

Melvyn GoodaleとDavd Milnerは、視覚情報が脳内の2つの経路を流れることを提唱しています。

背側経路は後頭頂葉に投射し、特に行動のための視覚情報の利用に関与しています。

一方、腹側経路は下側頭葉に投射し、意識にのぼるような視知覚に関与しています。

知覚と行動の情報処理の違いは、大きさと重さの錯覚実験でよく感じられます。

人は、「大きさは違うが重さは等しい」2つの物体を持ち上げた際、小さい物体のほうが重いと感じます。

100年以上前に記録されたこの錯覚は、非常に強く強固なものです。

2つの物体が同じ重さであると知らされても、物体を繰り返し持ち上げても、この錯覚は減弱しません。

これは、同じ重さの大きな物体と小さな物体を持ち上げる前、持ち上げ始めるときの準備段階に違いがあると考えられます。

大きな物体に対しては、その準備段階でより大きな把持力と負荷力を生成します。

それは大きな物体のほうが重たいと仮定しているからです。

しかし、2つの物体を交互に持ち上げているうちに、被験者は指先の力を物体の真の重さに合わせることを学習します。

それにも関わらず、大きさと重さの錯覚が持続することは、この錯覚が脳内の高次認識中枢で生じていることを示すだけでなく、感覚運動系がそれとは独立して機能しうることも示唆しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  2. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  3. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  4. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  5. 2015-5-3

    呼吸運動の観察と触察

    近年、呼吸運動の機能評価が、スポーツパフォーマンスにおいても非常に重要視される傾向にあります。そ…
ページ上部へ戻る