感覚情報は運動と知覚では異なる経路で処理される

多くの研究によって、行動を制御するための感覚情報は、知覚に寄与する求心性経路とは別の神経経路で処理されるという考え方が指示されるようになってきました。

Melvyn GoodaleとDavd Milnerは、視覚情報が脳内の2つの経路を流れることを提唱しています。

背側経路は後頭頂葉に投射し、特に行動のための視覚情報の利用に関与しています。

一方、腹側経路は下側頭葉に投射し、意識にのぼるような視知覚に関与しています。

知覚と行動の情報処理の違いは、大きさと重さの錯覚実験でよく感じられます。

人は、「大きさは違うが重さは等しい」2つの物体を持ち上げた際、小さい物体のほうが重いと感じます。

100年以上前に記録されたこの錯覚は、非常に強く強固なものです。

2つの物体が同じ重さであると知らされても、物体を繰り返し持ち上げても、この錯覚は減弱しません。

これは、同じ重さの大きな物体と小さな物体を持ち上げる前、持ち上げ始めるときの準備段階に違いがあると考えられます。

大きな物体に対しては、その準備段階でより大きな把持力と負荷力を生成します。

それは大きな物体のほうが重たいと仮定しているからです。

しかし、2つの物体を交互に持ち上げているうちに、被験者は指先の力を物体の真の重さに合わせることを学習します。

それにも関わらず、大きさと重さの錯覚が持続することは、この錯覚が脳内の高次認識中枢で生じていることを示すだけでなく、感覚運動系がそれとは独立して機能しうることも示唆しています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  2. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  3. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  4. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  5. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る