情動とは

高揚、哀れみ、悲しみ、おそれ、怒りなどが情動の例としてあげられます。

これらの状態はわれわれの行動に大きな影響を及ぼします。

情動反応は種の進化を通じて保存されてきました。

われわれが一般に情動反応と呼ぶ行動反応は、意識を持ちません。

つまり、感情をもたないであろう単純な生物にもみられます。

細菌の細胞は、有害あるいは有益な化学物質を検出し、それぞれ適応的に反応します。

実際すべての生物は、生き残り、繁栄するために、このような能力をもたなければなりません。

物体、動物、あるいは状況といった刺激の中には、それまで経験したことがなくとも、自動的に情動を引き起こすものもあります。

これらの刺激は情動能をもつと言われます。

さらにそれ自体は無意味な物体や出来事も、情動能をもつ刺激と合わさって経験されると、連合学習によって情動的意味を獲得します。

このように、情動能をもつ刺激は、はじめから意味をもちます(たとえば、痛い、おいしい、など)が、他の物体や出来事は情動能をもつ刺激との連合によって、情動能を獲得します。

脳は情動脳をもつ刺激を検出すると、内分泌腺や自律運動系、筋骨格系を制御するネットワークに指令を送ります。

内分泌腺は、身体組織や脳に影響を及ぼす血中ホルモンの分泌と制御を担当します。

自律系は、心血管系と内臓や体腔内の組織を含む身体の生理的制御系に変化をもたらします。

骨格系は、すくみ、闘争−逃走反応、そしてある種の顔の表情などの行動表出を仲介します。

これらの3系統のシステムは、情動状態の生理学的な表出を制御しています。

情動状態による自律系と内分泌系の変化は、内在的に価値付けられた刺激に対して必ず作動するホメオスタシス制御機構の一部となります。

実際、強い情動に対する身体の反応は空腹や口渇、性行動、睡眠などの欲求状態やその他の身体制御機構の変化に対する身体反応、あるいは痛みや激しい運動中の代謝変化に対する身体反応と大きな差はありません。

これらの制御機構の大部分は、扁桃体、線条体、視床下部、脳幹などの皮質下構造によって媒介されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  2. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  3. 2017-1-26

    代謝環境を利用して脳を刺激する

    筋肉を動かし力を出すためには、ATPという物質のエネルギーが必要です。これは、あらかじめ大量…
  4. 2015-12-15

    伸張反射は中枢からの運動司令を強化する。

    すべての運動は筋や関節や皮膚の受容器を活性化させます。Sherringtonは、身体運動によ…
  5. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
ページ上部へ戻る