皮膚の機能とその外層に存在する表皮の構造

成人における皮膚の表面積は約2平方メートルで、その重量は体重の約16%にもなると言われていることから、人体最大の臓器とともいわれており、体外と外界を隔て、外界に直接さらされるという特徴を持つ器官になります。

皮膚の機能には
①外からの刺激に対する保護作用、②感覚器としての役割、③水分の喪失や透過、④体温調節、⑤創傷治癒作用などがあり、いずれも生命維持には不可欠な機能になります。

表皮の厚さは平均して約0.2mmであり、構成する細胞の95%はケラチノサイト(角化細胞)です。
このケラチノサイトは、表皮の最深部で分裂し、成熟に伴い表層へ移行していきます。
そのため、表皮はこのケラチノサイトの形態の違いによって、その表層から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層に区分されます。

具体的には、角質層は内部をケラチンで満たされた核のない扁平な死んだ細胞が重層化していて、顆粒層は2~3層のケラチノサイトからなりますが、核や細胞小器官は崩壊し、細胞の内容物であるセラミドなどの脂質は細胞外に放出され、その間隙を満たし透過バリアとして機能しています。

有棘層では接着斑を有する棘状の細胞突起が出現しており、これにより細胞同士が強固に結びついています。
最深部の基底層ではケラチノサイトは幹細胞として誕生し、分裂・増殖を盛んに繰り返すことで上層の有棘層に押し上げられます。

このように、表皮には細胞とその間隙を満たす脂質が存在するのみで、コラーゲン線維などの結合組織の構成成分は存在しません。
これが皮膚の一番外層になる表皮の構造になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
  2. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  3. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  4. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  5. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
ページ上部へ戻る