皮膚の機能とその外層に存在する表皮の構造

成人における皮膚の表面積は約2平方メートルで、その重量は体重の約16%にもなると言われていることから、人体最大の臓器とともいわれており、体外と外界を隔て、外界に直接さらされるという特徴を持つ器官になります。

皮膚の機能には
①外からの刺激に対する保護作用、②感覚器としての役割、③水分の喪失や透過、④体温調節、⑤創傷治癒作用などがあり、いずれも生命維持には不可欠な機能になります。

表皮の厚さは平均して約0.2mmであり、構成する細胞の95%はケラチノサイト(角化細胞)です。
このケラチノサイトは、表皮の最深部で分裂し、成熟に伴い表層へ移行していきます。
そのため、表皮はこのケラチノサイトの形態の違いによって、その表層から角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層に区分されます。

具体的には、角質層は内部をケラチンで満たされた核のない扁平な死んだ細胞が重層化していて、顆粒層は2~3層のケラチノサイトからなりますが、核や細胞小器官は崩壊し、細胞の内容物であるセラミドなどの脂質は細胞外に放出され、その間隙を満たし透過バリアとして機能しています。

有棘層では接着斑を有する棘状の細胞突起が出現しており、これにより細胞同士が強固に結びついています。
最深部の基底層ではケラチノサイトは幹細胞として誕生し、分裂・増殖を盛んに繰り返すことで上層の有棘層に押し上げられます。

このように、表皮には細胞とその間隙を満たす脂質が存在するのみで、コラーゲン線維などの結合組織の構成成分は存在しません。
これが皮膚の一番外層になる表皮の構造になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  2. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
  3. 2015-7-27

    脊髄の外景を考える

    脊髄( spinal cord )は脊柱管の中にあり、神経管の原型を残し、中枢神経系の中で最も原始的…
  4. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  5. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
ページ上部へ戻る