腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。

日本語で表現すると「腰椎骨盤リズム」と呼ばれています。

「腰椎骨盤リズム」は、矢状面上での腰椎と骨盤の動きの関係を指しますが、骨盤の動きはいわゆる股関節の動きとなるので、実際には「腰椎・骨盤・股関節複合体」として考えていく必要があると思います。

矢状面での腰椎骨盤リズムには腰椎と骨盤が同じ方向に向かう同側方向への運動(腰椎屈曲・骨盤前傾などの動き)と腰椎と骨盤がそれぞれ異なる方向へ向かう対側方向への運動(腰椎伸展・骨盤前傾)があります。

多くは矢状面上での運動ですが、全額面、水平面においても似たような運動が見られます。

いわゆる「コア」といわれる体幹については、安定性が求められる要素として多くトレーニングされていきますが、体幹を含めたランボペルビック・ヒップの機能改善には単に安定性を高めるだけではなく、ランボペルビック・リズムのように可動性をともなった運動をいかに機能的に引き出すか、つまり「動的安定性」をどう構築していくかを考える必要があります。

研究では「コアの安定性の低下が傷害発生率を引き上げる」という論文もありますので、ランボペルビックへの適切なアプローチを行うことで傷害予防になることがわかっています。

トレーニング評価の一つとして「ランボペルビック・リズム」に注目してみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  2. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  3. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  4. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  5. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
ページ上部へ戻る