筋膜について考える。

筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っていることから「第2の骨格」とも呼ばれています。

筋肉を正しく動かすためには、この筋膜が柔軟に働くことが大切です。

筋のインバランスだけではなく、静止時の筋膜配列のインバランスや、筋の硬さが慢性化した場合に発生する筋膜の機能異常も不良姿勢の大きな問題になります。

筋膜の水溶液状の間質液、つまり基質の中の「コラーゲン線維」と「エラスチン線維」、さらにはヒアルロン酸でできています。

筋膜の異常機能とは、筋膜を形成するコラーゲン線維とエラスチン線維が密集して高密度化を生じ、基質が脱水を起こして粘り気を増し分散することで、筋膜の滑りを助けていたヒアルロン酸が凝集化して滑りが悪くなることです。

エラスチン線維は、ゴムのような弾性に富んだ性質です。

コラーゲン線維は弾性には乏しいですが、張力に対しては強い抵抗性を示します。

コラーゲン線維は通常、波状に縮んだ状態にあります。
外部から力が加わると、この波状の部分が直線状に変化することで長さが変化しますが、線維自体が伸びることはありません。

逆に弾性に富んだエラスチン線維は、線維自体が伸びやすい性質で、最大2.5倍の長さまで伸びます。

これらの性質は、姿勢をコントロールする上で重要な要素となっています。

筋膜がよじれたり、癒着したりすると、筋膜そのものだけではなく、上にある皮膚や下にある筋肉も動きづらくなります。

そのため、良い姿勢や動作がとりづらくなり、腰痛や肩こりの原因となるだけではなく、そこを通る血管やリンパ、神経も影響を受け、痛みやしびれが生じることもあります。

筋を正しく動かすためには、それを包み込む筋膜を柔軟に保つことが大切なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  2. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  3. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  4. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  5. 2016-2-15

    臼蓋形成不全と肢位の関係

    股関節を横走する関節周囲筋は、股関節の安定性にとって重要です。実際には、股関節の適合を高める…
ページ上部へ戻る