筋膜について考える。

筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っていることから「第2の骨格」とも呼ばれています。

筋肉を正しく動かすためには、この筋膜が柔軟に働くことが大切です。

筋のインバランスだけではなく、静止時の筋膜配列のインバランスや、筋の硬さが慢性化した場合に発生する筋膜の機能異常も不良姿勢の大きな問題になります。

筋膜の水溶液状の間質液、つまり基質の中の「コラーゲン線維」と「エラスチン線維」、さらにはヒアルロン酸でできています。

筋膜の異常機能とは、筋膜を形成するコラーゲン線維とエラスチン線維が密集して高密度化を生じ、基質が脱水を起こして粘り気を増し分散することで、筋膜の滑りを助けていたヒアルロン酸が凝集化して滑りが悪くなることです。

エラスチン線維は、ゴムのような弾性に富んだ性質です。

コラーゲン線維は弾性には乏しいですが、張力に対しては強い抵抗性を示します。

コラーゲン線維は通常、波状に縮んだ状態にあります。
外部から力が加わると、この波状の部分が直線状に変化することで長さが変化しますが、線維自体が伸びることはありません。

逆に弾性に富んだエラスチン線維は、線維自体が伸びやすい性質で、最大2.5倍の長さまで伸びます。

これらの性質は、姿勢をコントロールする上で重要な要素となっています。

筋膜がよじれたり、癒着したりすると、筋膜そのものだけではなく、上にある皮膚や下にある筋肉も動きづらくなります。

そのため、良い姿勢や動作がとりづらくなり、腰痛や肩こりの原因となるだけではなく、そこを通る血管やリンパ、神経も影響を受け、痛みやしびれが生じることもあります。

筋を正しく動かすためには、それを包み込む筋膜を柔軟に保つことが大切なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-14

    食欲とグルコスタティックセオリー(糖定常説)

    1955年、アメリカの科学者Jean Mayerは、視床下部には血中のグルコースの濃度を検知するニュ…
  2. 2014-10-1

    赤血球と貧血の関係性を考える。

    赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中…
  3. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  4. 2017-11-23

    筋収縮力と剛性と脊柱安定性

    筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化に…
  5. 2017-1-23

    ムーブメントディレクション

    「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。トレーニングでは種目によ…
ページ上部へ戻る