筋紡錘の働きとアルファ・ガンマ連合

筋紡錘は筋線維に沿うように配置されていて、筋内部に多数存在しており、筋の長さとその変化速度を検出する非常に重要な感覚器です。
また運動サーボのなかにあって、単なる「感覚器」というよりは、制御においても重要な働きをしていることがわかってきています。
その働きとして有名なものとしては、伸張反射の中心的な役割を演じているということにもいえるでしょう。

筋紡錘の出力線維は二種類あり、Ia線維は主として変化速度に関する情報を、II線維は長さに関する情報を中枢に伝達しています。
興昧深いことに、筋紡錘へは脊髄のγ運動ニューロンから遠心性の神経線維が到達しており、脳はこのγ系を介して筋紡錘の検出感度を調節していると言われています。

筋紡錘を詳しく見ていくと、1つの筋紡錘には錐内筋線維といわれる線維がいくつかあることが観察されます。
その1つの核袋線維の構造を模式的に示すと中央に感覚部があり、その両側に収縮部があることがわかります。
感覚部には求心性線維であるIa線維の先端が付いていて、この感覚部の変位が、電気信号に変換されてIa線維上を中枢へと伝搬していくことになります。

γ線維の上を伝搬してきた活動電位により収縮部が短縮すると、筋線維の長さが一定でもγ線維を刺激すれば収縮部が短縮し、感覚部が伸展されるので、筋紡錘から求心性のパルスが発射されることになります。
これは、また筋線維が短縮して筋紡錘がたるみ筋の長さ変化を検出できないようになるとき、γ線維を刺激するすることにより筋の長さ変化を検出できることを意味しています。(α運動ニューロンとγ運動ニューロンの活動は連動して変化する:アルファガンマ連合)

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  2. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  3. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  4. 2015-5-31

    α-γ連関とγループとは

    運動神経は、神経線維の太いα運動ニューロンと、神経線維の細いγ運動ニューロンからなります、脊…
  5. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
ページ上部へ戻る