筋紡錘の働きとアルファ・ガンマ連合

筋紡錘は筋線維に沿うように配置されていて、筋内部に多数存在しており、筋の長さとその変化速度を検出する非常に重要な感覚器です。
また運動サーボのなかにあって、単なる「感覚器」というよりは、制御においても重要な働きをしていることがわかってきています。
その働きとして有名なものとしては、伸張反射の中心的な役割を演じているということにもいえるでしょう。

筋紡錘の出力線維は二種類あり、Ia線維は主として変化速度に関する情報を、II線維は長さに関する情報を中枢に伝達しています。
興昧深いことに、筋紡錘へは脊髄のγ運動ニューロンから遠心性の神経線維が到達しており、脳はこのγ系を介して筋紡錘の検出感度を調節していると言われています。

筋紡錘を詳しく見ていくと、1つの筋紡錘には錐内筋線維といわれる線維がいくつかあることが観察されます。
その1つの核袋線維の構造を模式的に示すと中央に感覚部があり、その両側に収縮部があることがわかります。
感覚部には求心性線維であるIa線維の先端が付いていて、この感覚部の変位が、電気信号に変換されてIa線維上を中枢へと伝搬していくことになります。

γ線維の上を伝搬してきた活動電位により収縮部が短縮すると、筋線維の長さが一定でもγ線維を刺激すれば収縮部が短縮し、感覚部が伸展されるので、筋紡錘から求心性のパルスが発射されることになります。
これは、また筋線維が短縮して筋紡錘がたるみ筋の長さ変化を検出できないようになるとき、γ線維を刺激するすることにより筋の長さ変化を検出できることを意味しています。(α運動ニューロンとγ運動ニューロンの活動は連動して変化する:アルファガンマ連合)

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  2. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  3. 2014-11-25

    「善玉」と「悪玉」って?

    以前、コレステロールについて、善も悪もないとお書きしましたが、「善玉」「悪玉」コレステロールとは何な…
  4. 2016-12-23

    激しい運動に耐えるスポーツ心臓

    私たちの身体は与えられた刺激に応じて、それに適応する能力をもっています。心臓も同様に長時間高度な…
  5. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
ページ上部へ戻る