筋紡錘の働きとアルファ・ガンマ連合

筋紡錘は筋線維に沿うように配置されていて、筋内部に多数存在しており、筋の長さとその変化速度を検出する非常に重要な感覚器です。
また運動サーボのなかにあって、単なる「感覚器」というよりは、制御においても重要な働きをしていることがわかってきています。
その働きとして有名なものとしては、伸張反射の中心的な役割を演じているということにもいえるでしょう。

筋紡錘の出力線維は二種類あり、Ia線維は主として変化速度に関する情報を、II線維は長さに関する情報を中枢に伝達しています。
興昧深いことに、筋紡錘へは脊髄のγ運動ニューロンから遠心性の神経線維が到達しており、脳はこのγ系を介して筋紡錘の検出感度を調節していると言われています。

筋紡錘を詳しく見ていくと、1つの筋紡錘には錐内筋線維といわれる線維がいくつかあることが観察されます。
その1つの核袋線維の構造を模式的に示すと中央に感覚部があり、その両側に収縮部があることがわかります。
感覚部には求心性線維であるIa線維の先端が付いていて、この感覚部の変位が、電気信号に変換されてIa線維上を中枢へと伝搬していくことになります。

γ線維の上を伝搬してきた活動電位により収縮部が短縮すると、筋線維の長さが一定でもγ線維を刺激すれば収縮部が短縮し、感覚部が伸展されるので、筋紡錘から求心性のパルスが発射されることになります。
これは、また筋線維が短縮して筋紡錘がたるみ筋の長さ変化を検出できないようになるとき、γ線維を刺激するすることにより筋の長さ変化を検出できることを意味しています。(α運動ニューロンとγ運動ニューロンの活動は連動して変化する:アルファガンマ連合)

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  2. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  3. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  4. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る