三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷とTFCCの機能

手関節の尺側には三角線維軟骨複合体とよばれる、軟骨と靭帯などで手根骨と尺骨を結合して安定化させるクッションの役割を担う組織があります。

日本名が難しいのでTFCCと呼ばれることが多い部位になります。

グリップ動作を伴うテニスや野球などのスポーツにおいては高頻度で発症する障害です。
手関節の尺側に対して頻回に圧縮や牽引、剪断力が加わることによって生じる慢性外傷が多いとされ、ラケットスポーツなどにおいては未熟なグリップ動作がこの損傷を招くことになるとも報告されています。

また、手関節の捻挫の後などに3週間~4週間経って捻挫が治る時期になっても手関節の尺側部に痛みが残り、手関節を動かすと痛みが走る場合、しばしばこの損傷が原因になっていることがあります。

この部位はレントゲン検査では異常を認めないため、痛みと圧痛部位と発症前後のケガなどから判断していきますが、場合によっては手関節を内視鏡検査して調べていくことになります。

TFCCの構成要素としては、三角線維軟骨、尺側側副靭帯、掌背側の遠位橈尺関節靭帯、関節円板類似体、尺側手根伸筋腱の腱鞘で構成されます。

TFCCの主な機能を考えていくと、一番大きな働きとしてあげられるのが遠位橈尺関節の安定性の維持になります。
遠位橈尺関節の運動は、単純な回旋運動だけでなく並進運動の成分も含まれ、これをTFCC、骨間膜、方形回内筋で維持していると考えられています。

また、橈骨手根関節の尺側側の支持機構としても働き、尺側手根伸筋腱の腱鞘は手根骨と尺骨を結ぶ強靭な繊維となり、手関節の安定性に寄与しています。

またTFCCは手関節安定性の維持の他にも、手関節における力学的伝導を調節する働きを担っているとも考えられます。
関節軟骨と剛性の異なるTFCCが手根骨尺骨間に存在することによって、橈骨手根関節とはまた違った力学的伝導が行われることになります。
手術などでTFCCの機能に変化が起こるとそれにともなって力の伝達も変化することがわかっています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  2. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  3. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
ページ上部へ戻る