脂質摂取と代謝

食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。
食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小腸でグリセロールと脂肪酸に分解され、吸収されると再び中性脂肪に再合成され集合します。
この集合体は、キロミクロンと呼ばれ、リンパ液に瞬時に入り、リンパ管に拡散され、他の場所に輸送されることになります。
このキロミクロンは、胸管を上行し鎖骨下静脈内に移行します。

鎖骨下静脈に入ったキロミクロンのほとんどは、肝臓、あるいは脂肪細胞、筋肉組織などの毛細血管を通る間に、毛細血管壁にあるリポタンパクリパーゼにより、中性脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解されます。
その分だけ、中性脂肪は血液中から取り除かれることになりますし、分解されできた脂肪酸は筋肉細胞などでエネルギー源として利用されます。

このような流れで食事で摂取した脂質がそのまま中性脂肪として血中に存在するのではなく、脂肪酸とグリセロールに分解されてエネルギーとして代謝されることになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  2. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  3. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  4. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  5. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
ページ上部へ戻る