人間だけに許された創造性という能力

創造性は、人間だけにみられる能力です。

もちろん、自然界をみてみると動物たちの創造性の賜物といえる行動や現象を伺うことができます。

とはいえ、それは人間のものさしで考えた創造性なのであって、そう考えるとやはり創造性とは人間特有の思考であるといえます。

人間の創造性は、前頭連合野、そして側坐核がその働きの主役となります。

側坐核はやる気の脳と言われ、人間精神を創出する意志・創造の脳(前頭連合野)との橋渡しを担い、その強い意志に応じて、強いやる気を生み出します。

このようなやる気創造の中心は側坐核が直接、中脳、橋を支配し、そのなかでも代表的なA6神経、A10神経を強力に刺激し駆動するためです。

この結果、強い覚醒と快感が生じます。

A6神経による覚醒はやる気、集中力の源泉であり、この神経による各勢力を高めることはやる気の第一ともいえます。

次いで、A10神経による快感も必要であり、快感があって好きでなければ強いやる気は生じません。

その他の神経も働かないわけではありませんが、それらは副次的、補助的なものであるといえます。

それでは創造性はどのようにして作られるのでしょうか。

1981年、アメリカのロバート・H・ロス教授を中心とした研究グループはある実験結果を発表しました。

それによるとA10神経の中で、前頭連合野とその近傍の脳へ向かう神経だけが、自己受容体を欠くというのです。

自己受容体は主に負のフィードバックに働くもので、すなわち、前頭連合野とその近傍はA10神経の神経伝達物質であるドーパミンの過剰分泌を受けているということになります。

また、その後の実験で、ロス教授らは、その神経において、活動電位の発火頻度が高く、一度に多量かつ群発しやすいことや、負のフィードバックが効かないこと、ドーパミンの代謝回転が速いこと、ドーパミンの原料となるチロシンの変化によりドーパミンの合成がすく影響されることなどを明らかにしました。

さらに、ロス教授らは、この場合のA10神経のドーパミン過剰分泌は、他のA10神経の約二倍、よく似た運動系のA9神経の約四倍であるということも明らかにしました。

この神経の神経伝達物質ドーパミンの過剰分泌は強い快感と覚醒を生じ、これらに駆動されて大脳、なかでも前頭連合野はすごい勢いでさまざまな試行錯誤を繰り返し、自由奔放な思考を行います。

これが創造性が作られる所以であり、人間の創造性の源なのではないかといわれています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-26

    脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い

    ビタミンはこれまでに13種類見つかっています。それらは油に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶け…
  2. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  3. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
ページ上部へ戻る