シナプス結合について

大部分の中枢神経系のニューロンは、伝達物質作動性イオンチャネルとGタンパク質共有型受容体で活性化される何千というシナプス入力を受けています。

シナプス後ニューロンはこれらの複雑なイオンチャネルと化学シグナルのすべて統合してニューロンの単純な出力信号、つまり活動電位を出します。

多くのシナプス入力を統合して1個の活動電位に変換すること、つまりニューロンによる計算が行われているのです。

ヒトの脳内では、1秒間に何十億回というニューロンの計算が行われています。

シナプス後細胞で多く起こる反応は、1個の神経伝達物質作動性チャネルの開口です。

これらの複数のチャネルを通り流入する電流は、シナプス後膜を脱分極させ、EPSP(興奮性シナプス後電位)を発生させます。

1個のシナプス後膜には、数十から数千の伝達物質作動性チャネルがあり、シナプス伝達の間にこれらがどれだけ活性化されるかは主に放出される伝達物質の量に依存します。

多くの中枢神経のシナプスでは神経筋接合部とは対照的にシナプス前活動電位に対する反応として放出されるシナプス小胞の数はかなり少なく、そのため小さなEPSPが引き起こされます。

神経筋接合部は上からの運動命令に対して常に忠実に働く必要があるため、伝達に間違いのないように進化しています。

そのために確実で最も良い方法は十分大きなEPSPを起こすことなのです。

一方、もしすべての中枢神経系のシナプスそれ自体が、神経筋接合部と同じようにシナプス後細胞で活動電位を引き起こすのであれば、ニューロンは単なる中継場所に過ぎなくなってしまいます。

実際には、大部分のニューロンはより複雑な計算を行っています。

そのためには多くのEPSPが加重され、その結果かなり大きなシナプス後脱分極となります。

EPSPの加重はシナプス統合の最も単純な形式です。

加重には2つのタイプがあります。

空間的なものと時間的なものです。

空間的加重は樹状突起上のいくつかの異なるシナプスで同時に発生したEPSPが加重することです。

時間的加重は、同一のシナプスで1〜15msec以内で連続してEPSPが起こる場合に、これらが加重する現象になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-29

    関節包内運動と固定の位置・ゆるみの位置

    関節には、その角度によって固定の位置(close−packed position)とゆるみの位置(o…
  2. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
  3. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  4. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  5. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
ページ上部へ戻る