アスリートに特有な遺伝子は存在するか

スポーツの世界では、有名選手とその子どもも活躍していることがたくさんあります。

ということは、そういった選手たちに特異的に発現している遺伝子があるのではないかと考えることができます。

実際、筋肉の質という観点からすると、α−アクチニンというタンパク質を作り出すACTNという遺伝子がそれに近いものではないかと言われています。

筋中のタンパク質といえば、アクチンやミオシンといった収縮タンパク質が思い浮かびますが、それだけでは、筋肉は上手く作用しません。

そこにトロポニンやトロポミオシン、そしてα−アクチニンなどの役割の違う調節タンパク質が必要になります。

α−アクチニンは、アクチンを支える働きを持つ調節タンパク質の1種で、骨格筋には、α−アクチニン2とα−アクチニン3の2種類があります。

このうち、α−アクチニン3は、骨格筋のうち、瞬発力をもたらす速筋線維の細胞内で多く作られるため、とりわけ瞬発力を要求される運動能力に重要であると考えられています。

ある研究では、全世界で10億人ほどがこのα−アクチニン3の働きを失っていると推定されています。

α−アクチニン3の577番目のアミノ酸残基アルギニンをコードするコドンが、終止コドン、すなわちどのアミノ酸もコードしないコドンに変化しているために、タンパク質の合成がそこでストップし、完全なα−アクチニン3タンパク質が作られないのです。

これまでの調査では、いわゆるトップアスリートとよばれるスポーツ選手では、そうした欠失したα−アクチニン3しか作れない人の割合が対照群に比べて低く、両親由来の2つの遺伝子が完全なα−アクチニン3を作れるタイプである割合が高いという報告があります。

すべてのトップアスリートがそうであるとは言えませんが、こうした疫学的調査から、トップアスリートとα−アクチニン3タンパク質には、ある程度関係が有るといえることができます。

とはいえ、すべてのアスリートがそうであるとは言えませんし、これらの遺伝子が正常であるから必ずアスリートになれると断言することはできません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  2. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  3. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  4. 2017-3-7

    関節にはたらく3種類のテコの原理

    筋肉が発揮する力を、実際の関節の動きの中で理解することは、より効率よく力の伝わるスポーツ動作のフォー…
  5. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
ページ上部へ戻る