プロスタグランジンについて

疼痛や発熱など炎症により起こる症状はさまざまですが、それぞれには共通点が存在します。

それはどの症状にもプロスタグランジンという物質が関与していることです。

たとえば切り傷や擦り傷などで細胞が傷ついたとします。

このとき、細胞内からはブラジキニンやヒスタミンなどの痛み物質が放出されます。

これら痛み物質が感覚神経の受容体に結合することで、痛みを知らせるための神経シグナルが発生します。

痛みの神経シグナルは脊髄を上行し脳に入り、中継点である視床を通過して大脳皮質に入ります。

ここでようやく痛みを知覚します。

つまり、痛みは怪我をした部分で感じるのではなく、そこから発せられる神経シグナルが脳に届くことによって、はじめて痛みを感じるのです。

プロスタグランジンは、この神経シグナルを強める働きを持ちます。

また痛みだけでなく、発熱やその他の炎症の神経シグナルをも強めています。

たとえば、病気のときは熱が出ますが、これはプロスタグランジンが視床下部の体温調節中枢に作用して、体温のセットポイントを高めに設定し、体温を高めることで、細菌やウイルスに対抗しているのです。

プロスタグランジンはさまざまな働きをもち、その役割は、筋の収縮から月経に至るまで、多くの生体化学反応に関わっています。

プロスタグランジンはとても大事な物質ですが、細胞が障害や強い刺激を受けたときだけ放出されるという点で、インスリンなどふつうのホルモンとはだいぶ趣が違います。

また、痛みが脳周辺で起きている場合、たとえば頭痛ですが、脳には痛みを感知する受容体がないため、脳実質の痛みではありません。

脳周辺の血管、髄膜、骨膜、皮膚、筋肉にはその受容器があり、これらが痛みを感知し、神経シグナルを発生させ、それが大脳皮質に届けられ、痛みを感じるという仕組みになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
  2. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  3. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  4. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  5. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
ページ上部へ戻る