運動スキルを獲得する際に経験する学習過程

運動スキルの複雑さやタイプは多様でありますが、種々の運動スキルを獲得する際に経験する学習過程は、ある程度共通したものとなります。

学習における3つの段階には認知、連合、自動の3段階があります。

認知段階とは、その運動を行うために何が必要なのかを明らかにしようとする段階です。
この段階ではかなりの認知活動が必要とされ、運動は比較的意識的に制御されます。
認知段階では、運動の目標に近づくためのもっとも有効な方法をみつけるためにさまざまな方法を試みることが多くなります。
また、多くの注意を費やして、個別の運動を着実に実行する傾向があります。
意識的な制御方略を使うため、その運動は遅く、スムーズさに欠け、非効率で、そのパフォーマンスには一貫性がありません。

一旦、基本的な運動パターンを獲得すると、第2の学習段階である連合段階が始まります。
この段階は、運動のより細かい調整をする段階です。
運動の結果の信頼性は高くなり、運動自体の整合性も試行ごとに高まっていきます。
そして、非効率的な筋の同時収縮は徐々に減少し、運動はより効率的となります。
加えて、運動の一部は自動化し、注意を他の部分に向けることができるようになります。
連合段階を継続していくと、自動段階に到達します。
この段階での運動は、流れるように行われ、努力を要しないように見えます。
この段階では、ほとんどミスがなく正確なだけではなく、非常に一貫性のある運動となります。
この段階での運動は、大部分が自動的に行われ、運動に注意を向ける必要はほとんどなくなります。
この3段階の流れで、運動のスキルを獲得していきます。
簡単にまとめるとこのような流れになります。

「認知段階」 意識的に制御する段階

「連合段階」 運動のより細かい調整をする段階

「自動段階」 運動に注意を向ける必要がなく自動的に行える段階
是非、トレーニング指導際にご活用下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  3. 2015-3-30

    内側側副靭帯損傷について

    先日のプロ野球の試合でソフトバンクの斐嗣捕手がホームベースへスライディングの際に膝を痛めてしまいニュ…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
ページ上部へ戻る