運動スキルを獲得する際に経験する学習過程

運動スキルの複雑さやタイプは多様でありますが、種々の運動スキルを獲得する際に経験する学習過程は、ある程度共通したものとなります。

学習における3つの段階には認知、連合、自動の3段階があります。

認知段階とは、その運動を行うために何が必要なのかを明らかにしようとする段階です。
この段階ではかなりの認知活動が必要とされ、運動は比較的意識的に制御されます。
認知段階では、運動の目標に近づくためのもっとも有効な方法をみつけるためにさまざまな方法を試みることが多くなります。
また、多くの注意を費やして、個別の運動を着実に実行する傾向があります。
意識的な制御方略を使うため、その運動は遅く、スムーズさに欠け、非効率で、そのパフォーマンスには一貫性がありません。

一旦、基本的な運動パターンを獲得すると、第2の学習段階である連合段階が始まります。
この段階は、運動のより細かい調整をする段階です。
運動の結果の信頼性は高くなり、運動自体の整合性も試行ごとに高まっていきます。
そして、非効率的な筋の同時収縮は徐々に減少し、運動はより効率的となります。
加えて、運動の一部は自動化し、注意を他の部分に向けることができるようになります。
連合段階を継続していくと、自動段階に到達します。
この段階での運動は、流れるように行われ、努力を要しないように見えます。
この段階では、ほとんどミスがなく正確なだけではなく、非常に一貫性のある運動となります。
この段階での運動は、大部分が自動的に行われ、運動に注意を向ける必要はほとんどなくなります。
この3段階の流れで、運動のスキルを獲得していきます。
簡単にまとめるとこのような流れになります。

「認知段階」 意識的に制御する段階

「連合段階」 運動のより細かい調整をする段階

「自動段階」 運動に注意を向ける必要がなく自動的に行える段階
是非、トレーニング指導際にご活用下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  2. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  3. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  4. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  5. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
ページ上部へ戻る