中枢性疲労とその仮説

最大限の運動能力を発揮する上で疲労は邪魔なものです。

肉体的な限界に至る前に感じられる疲労、すなわち中枢性疲労は運動を遂行する動機に影響を与えます。

これまで中枢性疲労の発生機構としていくつかの仮説が提唱されてきました。

まず最も有名なのがセロトニン仮説です。

セロトニンは消化管に多く存在しますが、神経伝達物質としても働き、脳のセロトニン作動性神経は多くの重要な機能を担うことが知られています。

セロトニンはアミノ酸の一種のトリプトファンがその前駆物質です。

脳でのセロトニン合成の律速段階はトリプトファンの供給にあります。

トリプトファンは血中で血清アルブミンと結合して運搬されます、

脂肪酸も血中ではアルブミンによって輸送されますが、長時間の運動により血中脂肪酸濃度が増大すると脂肪酸の結合量が増大し、結果としてトリプトファンが追い出され、血中に遊離のトリプトファンが増大します。

血中の遊離トリプトファン濃度が増大し、かつ同様の運動でエネルギー源となる分岐鎖アミノ酸濃度が減少して脳への流入に適した条件が揃うと脳のセロトニン合成が上昇し、セロトニン作動性神経の活性が増大し、それが疲労感を引き起こすとするのがセロトニン説です。

これとは別に、貯蔵エネルギー源が枯渇するよう長時間の運動では体タンパク質が分解され、生じたアミノ酸がエネルギー源として利用されます。

この際に脱アミノ反応で生じるアンモニアが神経に対して毒性を持ち、これが疲労感の原因とするアンモニア説があります。

この2つの説は、末梢組織に由来する基質が原因となって疲労感を引き起こすとするものですが、実際には血中で遊離脂肪酸濃度やアンモニア濃度が増大するような運動は長時間、あるいは高強度のものとなります。

また、感染防御機構としても働くインターフェロンやインターロイキンなどのサイトカインも副作用として疲労感を生じることが知られています。

これは風邪などの時の疲労感の発生に影響しているのではないかと考えられています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  3. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  4. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  5. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
ページ上部へ戻る