中枢性疲労とその仮説

最大限の運動能力を発揮する上で疲労は邪魔なものです。

肉体的な限界に至る前に感じられる疲労、すなわち中枢性疲労は運動を遂行する動機に影響を与えます。

これまで中枢性疲労の発生機構としていくつかの仮説が提唱されてきました。

まず最も有名なのがセロトニン仮説です。

セロトニンは消化管に多く存在しますが、神経伝達物質としても働き、脳のセロトニン作動性神経は多くの重要な機能を担うことが知られています。

セロトニンはアミノ酸の一種のトリプトファンがその前駆物質です。

脳でのセロトニン合成の律速段階はトリプトファンの供給にあります。

トリプトファンは血中で血清アルブミンと結合して運搬されます、

脂肪酸も血中ではアルブミンによって輸送されますが、長時間の運動により血中脂肪酸濃度が増大すると脂肪酸の結合量が増大し、結果としてトリプトファンが追い出され、血中に遊離のトリプトファンが増大します。

血中の遊離トリプトファン濃度が増大し、かつ同様の運動でエネルギー源となる分岐鎖アミノ酸濃度が減少して脳への流入に適した条件が揃うと脳のセロトニン合成が上昇し、セロトニン作動性神経の活性が増大し、それが疲労感を引き起こすとするのがセロトニン説です。

これとは別に、貯蔵エネルギー源が枯渇するよう長時間の運動では体タンパク質が分解され、生じたアミノ酸がエネルギー源として利用されます。

この際に脱アミノ反応で生じるアンモニアが神経に対して毒性を持ち、これが疲労感の原因とするアンモニア説があります。

この2つの説は、末梢組織に由来する基質が原因となって疲労感を引き起こすとするものですが、実際には血中で遊離脂肪酸濃度やアンモニア濃度が増大するような運動は長時間、あるいは高強度のものとなります。

また、感染防御機構としても働くインターフェロンやインターロイキンなどのサイトカインも副作用として疲労感を生じることが知られています。

これは風邪などの時の疲労感の発生に影響しているのではないかと考えられています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  2. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  3. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
  4. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  5. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
ページ上部へ戻る