イメージトレーニングによる神経系の適応

1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報告されました。

小さくそして完全に活動させることができるという理由で、小指球筋を対象に、随意収縮トレーニングと全く収縮させないイメージトレーニングとでどのような違いがでるかという研究でした。

その研究では、随意トレーニング群の被験者には第5指(小指球筋)を随意的に収縮させ、対照群の被験者には、同じ時間、研究室に入りますが、測定だけを実施、イメージトレーニング群の被験者には、小さな練習用機器に第5指を固定して、実際に筋を活動させないで運動プロトコル全体を「イメージ」させました。

その結果、随意的にトレーニングさせた群では、4週間で30%外転力が増加しました。

対照群では、単純にテスト方法を学習し、筋活動の課題になれたために随意最大筋力が3.6%増加しました。

そして驚くことに、イメージトレーニング群では随意最大筋力は22%も増加しました。

これは、随意トレーニング群には匹敵しませんが、対照群よりは有意に大きく、明らかに「考える」練習、すなわちイメージトレーニングは、運動実行能力を向上させることを可能にする影響を神経系に及ぼしています。

また、対側の非運動側の小指の外転筋力を測定したところ、運動群とイメージトレーニング群では、外転筋力の有意な増加を認めましたが、対照群では、有意な増加はみられませんでした。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  2. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  3. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  4. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  5. 2016-12-26

    動きづくりのトレーニング

    スポーツにおいて、よりうまくなる為に様々な努力を行うと思います。例えば、野球をうまくなるために何…
ページ上部へ戻る