運動後の筋力変化

種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。
また、神経系も筋のパフォーマンスに関係していることはわかっていますが、筋力の真の変化は筋線維自体の肥大が直接の原因となります。
つまり、筋線維自体が太くなると、高い張力を発揮できるようになるということです。
一般的に筋力増強の主要なメカニズムは筋線維数の増加ではなく、断然筋線維サイズの増加に起因しています。

では、運動によってどの筋線維が肥大するのでしょうか?
この問いを考えるには、筋線維が増大するには、筋にかかる負荷が高くなければならないという原則を考える必要があります。

筋力にかかる負荷が強ければ、筋線維は肥大する。
言い換えるならば、トレーニング中にその筋線維が動員されるか、どの程度張力がかかるかどうかに、筋の肥大は依存しているとも言えます。

例えば、「持久性トレーニング」のプロトコルでは、大部分の遅筋線維および中間筋線維が活動する低強度の運動が実施されることになります。
張力が比較的低いので筋線維の肥大は少なく、著名な筋力増強は起こらないトレーニングになるでしょう。
一方で、パワーリフティングではほとんどの筋線維が動員されて、張力のレベルは非常に高い状態になります。

以上のようなことを考えると、トレーニングをする中で筋力増強訓練は「より多く(more)」が「より良く(better)」にならないということも言えます。
裏を返せば、筋力増強は比較的短時間の高強度の負荷のほうが筋力増強の刺激としてもっとも適しているとも考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  2. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
  3. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  4. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  5. 2015-9-12

    筋収縮とエネルギー代謝

    等尺性収縮の発揮筋力は、その持続時間に比例して低下します。最大随意収縮力は、6〜7secしか…
ページ上部へ戻る