運動後の筋力変化

種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。
また、神経系も筋のパフォーマンスに関係していることはわかっていますが、筋力の真の変化は筋線維自体の肥大が直接の原因となります。
つまり、筋線維自体が太くなると、高い張力を発揮できるようになるということです。
一般的に筋力増強の主要なメカニズムは筋線維数の増加ではなく、断然筋線維サイズの増加に起因しています。

では、運動によってどの筋線維が肥大するのでしょうか?
この問いを考えるには、筋線維が増大するには、筋にかかる負荷が高くなければならないという原則を考える必要があります。

筋力にかかる負荷が強ければ、筋線維は肥大する。
言い換えるならば、トレーニング中にその筋線維が動員されるか、どの程度張力がかかるかどうかに、筋の肥大は依存しているとも言えます。

例えば、「持久性トレーニング」のプロトコルでは、大部分の遅筋線維および中間筋線維が活動する低強度の運動が実施されることになります。
張力が比較的低いので筋線維の肥大は少なく、著名な筋力増強は起こらないトレーニングになるでしょう。
一方で、パワーリフティングではほとんどの筋線維が動員されて、張力のレベルは非常に高い状態になります。

以上のようなことを考えると、トレーニングをする中で筋力増強訓練は「より多く(more)」が「より良く(better)」にならないということも言えます。
裏を返せば、筋力増強は比較的短時間の高強度の負荷のほうが筋力増強の刺激としてもっとも適しているとも考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-31

    違和感を考える。

    身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。この『違…
  2. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  3. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  4. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
  5. 2017-3-12

    発育期における筋力エクササイズ

    近年子ども達の体力や運動能力の低下が指摘されています。筋の発揮する張力は身体活動の基盤であり…
ページ上部へ戻る