運動後の筋力変化

種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。
また、神経系も筋のパフォーマンスに関係していることはわかっていますが、筋力の真の変化は筋線維自体の肥大が直接の原因となります。
つまり、筋線維自体が太くなると、高い張力を発揮できるようになるということです。
一般的に筋力増強の主要なメカニズムは筋線維数の増加ではなく、断然筋線維サイズの増加に起因しています。

では、運動によってどの筋線維が肥大するのでしょうか?
この問いを考えるには、筋線維が増大するには、筋にかかる負荷が高くなければならないという原則を考える必要があります。

筋力にかかる負荷が強ければ、筋線維は肥大する。
言い換えるならば、トレーニング中にその筋線維が動員されるか、どの程度張力がかかるかどうかに、筋の肥大は依存しているとも言えます。

例えば、「持久性トレーニング」のプロトコルでは、大部分の遅筋線維および中間筋線維が活動する低強度の運動が実施されることになります。
張力が比較的低いので筋線維の肥大は少なく、著名な筋力増強は起こらないトレーニングになるでしょう。
一方で、パワーリフティングではほとんどの筋線維が動員されて、張力のレベルは非常に高い状態になります。

以上のようなことを考えると、トレーニングをする中で筋力増強訓練は「より多く(more)」が「より良く(better)」にならないということも言えます。
裏を返せば、筋力増強は比較的短時間の高強度の負荷のほうが筋力増強の刺激としてもっとも適しているとも考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  2. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
  3. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  4. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  5. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
ページ上部へ戻る