代償動作と可動性・安定性

代償はある程度の機能不全に対処する杖のようなもので、脳によって自然と形成されます。

代償により、静的・動的な環境下で良好かつ再現性の高い運動制御(モーターコントロール)が発揮できなくなってしまいます。
このような場合、「スティフネス」と「タイトネス」が残された選択肢となります。

ローカル筋による安定性が必要な場面でグローバル筋が活動してしまうケースは、まさにその好例です。
この場合、スティフネスとタイトネスは傷害の結果ではないでしょう。
おそらく多いのが習慣や誤った動作パターン、フォームやアライメント、姿勢、協調性が悪い状態で繰り返し行った活動の結果です。

機能的な運動制御(モーターコントロール)が働かないと、身体はスティフネスやタイトネスに頼るようになり、スティフネスがその人の動作特性の一部となります。
組織伸張性の低下や筋緊張の増加、関節の退行変性、全身のスティフネスは、安定性低下の副産物です。
これらによって自然と制限が形成され、正常な感覚と運動の相互関係の必要性が減少します。
この状態での力学的な健全性は高まることになりますが、これには限界があります。
つまり、スティフネスは安定性ではないからです。

スティフネスは本物の安定性ではないため、環境への適応能力が欠けています。
したがって、可動性の問題はその裏に潜んだ安定性の問題の結果といえます。

可動性の問題を修正すると、安定性の問題が姿を現します。
一般的に可動性の改善と安定性の修正に対する反応を観察するとよいと言われています。

ですが、様々な要因が絡み合っているので、可動性の問題の根本的な原因を見るけることは不可能かもしれません。
したがって、原因が何であれ、可動性の制限を可能な限り解消することが必要です。
その後に安定性を再学習するための環境を用意します。

その過程には数日から数カ月を要することになりますが、手順通りに可動性を改善させてから安定性のトレーニングに移行することを常に正しく行うことにより、可動性の修正の効果や感覚入力が改善します。
このように他動的および自動的な可動性と柔軟性を改善する一般的な方法は、可動性修正のカテゴリーに含めることが出来ます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  2. 2015-1-15

    相撲における『股割り』『腰割り』の重要性

    相撲での柔軟性というと、180度脚を広げて胸を地面につける「股割り」が真っ先に思い浮かぶ、それは、相…
  3. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  4. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
  5. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
ページ上部へ戻る