古来から伝わる鎮痛薬とは

 

紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を煎じて飲ませると症状が軽くなることを経験的に知っていました。

痛風は、血中に尿酸が増えすぎることで関節に炎症が起こる病気で、激しく痛みます。

それから2200年もの歳月を経た1838年、ヤナギの皮を煎じた液体から薬効成分が取り出されました。

ヤナギはラテン語でサリックスということから、その物質はサリチル酸と名づけられました。

それから約20年後の1859年、サリチル酸は大量生産されるようになり、鎮痛薬として重宝されました。

さらにそこからサリチル酸をナトリウム塩にしたサリチル酸ナトリウムがつくられ、痛風や関節炎による痛み止めの特効薬として利用されていきました。

現代ではサリチル酸を使った薬といえば、アセチルサリチル酸、いわゆるアスピリンがあります。

このアスピリンですが、今や知らない人がいないというほど有名な鎮痛薬です。

アスピリンという名は本来は商品名なのですが、あまりにも有名で日本薬局方でもアスピリンが正式名称になっています

1890年代、ドイツのバイエル社という製薬会社に勤務していたフェリックス・ホフマンという化学者は、彼の父親がリウマチによる関節炎に対するサリチル酸の胃炎等の副作用に苦しんでいたさまをみて、サリチル酸の鎮痛作用を持ちつつ、副作用の胃炎を起こさない物質を作ろうと決意しました。

試行錯誤の末、サリチル酸にアセチル基をくっつけたアセチルサリチル酸が作られ、アスピリンとして販売されました。

現在でもアスピリンに対する研究は進められ、新たな知見が数多く報告されています。

実際にアスピリンの作用メカニズムが明らかにされたのは、アスピリン発売から70年以上経った、1970年代のことでした。

紀元前400年代にすでに鎮痛薬として確立されていたヤナギがサリチル酸、それからアセチルサリチル酸として姿を変え今日まで使われ続けているというのは何とも感慨深いものがあります。

この他にも、古来から伝わる健康法、治療法は数多くあります。

これらは似非科学として扱われがちですが、気が遠くなるほど長い経験値に基づく方法なのですから、必ずしもすべてが無意味なものではないかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  2. 2017-5-20

    スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢…
  3. 2015-4-25

    約60兆個もある細胞とは

    人間は約60兆個の細胞からできています。生体を構成する最小単位であり、種々の細胞は形態と…
  4. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  5. 2015-6-6

    タメになる「豆」知識

    体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞い…
ページ上部へ戻る