関節と固有感覚受容

筋紡錘やゴルジ腱器官は運動制御を行う上で、非常に重要な固有感覚器であることは言うまでもありません。
この他にも関節の結合組織、特に関節包や靭帯を含む繊維性組織の中には様々な固有感覚を伝える感覚神経があります。

これらの機械感受性神経線維末端は関節の動きの角度、方向、速度の変化に反応して、情報をフィードバックしてくれています。
ほとんどの固有感覚器の反応は順応が速く、このことは静止している関節の情報は少なく動いている関節の感覚情報は非常に多く伝えていることを示しています。

しかしながら、私たちは目を閉じていても関節の位置や角度を非常に正確に判断できます。
これは、関節の位置や角度を見積もるために、関節の受容器からの情報と筋紡錘やゴルジ腱器官、皮膚の受容器からの感覚情報を組み合わせてその状態を感じているためであると考えられます。

このように考えると、ある情報源の消失があっても、他の情報で補うことが可能で、1つの感覚情報に頼ることなく、様々な感覚情報の統合(Sensory integration)が行われていることが、運動制御を円滑に行うためには非常に重要であることがわかります。

人工関節等をいれても、その関節の位置や角度がわかるのは、関節そのものからの情報ではなく、その他周辺の固有感覚器からの情報でそれを代償し感じているということになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-21

    有酸素的運動

    有酸素的運動と筋線維タイプ脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2014-11-6

    ”腰(コシ)”は身体の要

    腰椎椎間板ヘルニアという病名は一般化していますが、「腰椎」「椎間板」「ヘルニア」などと病名を分解して…
  4. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  5. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
ページ上部へ戻る