関節と固有感覚受容

筋紡錘やゴルジ腱器官は運動制御を行う上で、非常に重要な固有感覚器であることは言うまでもありません。
この他にも関節の結合組織、特に関節包や靭帯を含む繊維性組織の中には様々な固有感覚を伝える感覚神経があります。

これらの機械感受性神経線維末端は関節の動きの角度、方向、速度の変化に反応して、情報をフィードバックしてくれています。
ほとんどの固有感覚器の反応は順応が速く、このことは静止している関節の情報は少なく動いている関節の感覚情報は非常に多く伝えていることを示しています。

しかしながら、私たちは目を閉じていても関節の位置や角度を非常に正確に判断できます。
これは、関節の位置や角度を見積もるために、関節の受容器からの情報と筋紡錘やゴルジ腱器官、皮膚の受容器からの感覚情報を組み合わせてその状態を感じているためであると考えられます。

このように考えると、ある情報源の消失があっても、他の情報で補うことが可能で、1つの感覚情報に頼ることなく、様々な感覚情報の統合(Sensory integration)が行われていることが、運動制御を円滑に行うためには非常に重要であることがわかります。

人工関節等をいれても、その関節の位置や角度がわかるのは、関節そのものからの情報ではなく、その他周辺の固有感覚器からの情報でそれを代償し感じているということになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  2. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  3. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  4. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  5. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
ページ上部へ戻る