カプサイシンの効果

小さじ一杯のトウガラシでも口に含むと、口の中は焼かれるように熱く、皮膚や目は熱いような痛いような複雑な感覚に陥ります。

それだけでなく、体全体も熱く感じますが、これは気のせいではなく、実際にトウガラシによって体温は0.5℃程度上昇します。

トウガラシが辛いのは、カプサイシンという油性の物質のせいであることは万人の知るところです。

カプサイシンは熱しても凍らせても破壊されないため、調理しても辛味は変わりません。

どうしても辛味を取り除きたい場合、カプサイシンを含んでいる種と葉脈を取り除くしかありません。

カプサイシンの辛さを感じ取るには、まず受容体に結合しなければなりません。

カプサイシンが結合した受容体からは神経シグナルが発せられ、それが脳に到達すると、ノルアドレナリンやβエンドルフィンが分泌されます。

このため、交感神経が優位になり、血糖値や心拍数が高まり、血圧が上がって、体温が上がります。

したがって、カプサイシンは代謝を高めることになるため、エネルギーをより消費させます。

また、βエンドルフィンは、31個のアミノ酸からできたペプチドで、痛みをやわらげ、多幸感をもたらす脳内麻薬の1種です。

脳内麻薬とは、脳内で産生されるモルヒネのような効果のある物質のことで、βエンドルフィンや5個のアミノ酸からできたエンケファリンなどがあります。

トウガラシを食べたとき、辛さと痛さ、そして焼けるような熱さのあとにやってくる心地よさ、そしてやみつきになるその感じは、βエンドルフィンが放出されることによると考えられます。

カプサイシンが神経細胞に接触すると、最初のうちは痛みを感じますが、しかし接触し続けると、やがて痛みが失われます、

この痛みを忘れさせる物質は、脳内麻薬のβエンドルフィンであることが確認されています。

おそらく、これ以外にもエンケファリンなどが放出されていると推測されます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  2. 2015-6-20

    ミラーニューロンと共感力

    「ミラーニューロン」とは、自分の動作と他人の動作に「ミラー鏡」のように同じような反応をする神経細胞の…
  3. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  4. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  5. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
ページ上部へ戻る