ピジン言語とクレオール化からみる言語の発達

ヒトを知るためには、様々な視点からアプローチをする必要があり、その始まりを知ることは非常に重要なものです。

したがって、赤ん坊や、ヒトがまだ生まれる前、すなわち胎児の頃からも知っておく必要があります。

誕生という点から言えば、人類が誕生したそのときからも知る意味があるでしょう。

人類がはじめて発した言葉はなにか、そして聞いた言葉はなにか、こういった疑問を調べるために、赤ん坊をずっと閉じ込めて観察した実験があります。

すると、赤ん坊1人だけでは言語は発達しませんが、2人で置いておくと、母国語は出てこなくても2人の赤ん坊の独特の聴覚コミュニケーションが形成されていくことが分かりました。

赤ちゃん同士が、言葉を話せないうちから向かい合って何やら会話のようなものをしているという光景を見ることがありますが、言葉を教えるということを全くしなくてもコミュニケーションを取る相手がいれば、なんらかの言語・聴覚コミュニケーションはある程度自立的に発達していくのです。

この元々備わっている機能はピジン言語・クレオールと関連があると言われています。

ピジン言語とは、お互いに共通の母国語を持たない者同士がコミュニケーションを取るために自然につくられる言語で、そのピジン言語を用いる者の子どもの世代がそれを第1言語すなわち母国語として話すようになることをクレオール化といいます。

例えば、外国人が話す怪しい日本語、日本人が話す怪しい英語、どちらも文法的には意味をなさず、これらもピジン言語であると言えます。

このピジン言語とクレオールの間には、言語の質の驚異的な進歩があり、世界各地のクレオールは偶然とは思えないほどの類似性をもつといわれています。

クレオール言語を話すようになった第1世代の子ども達の言語環境は、その親の不完全で不安定なピジン言語を母国語とするために、それらを飛躍的に複雑かつ高度化させる必要があり、それは現代の子どもたち、すなわち赤ん坊の頃からの急速な言語の発達と似たものであると考えられます。

したがって、親が話すから言語が発達するというだけではなく、そもそもヒトは、呼吸や歩行、手足の動かし方を特別学習する必要がないように、言語の発達も生得的に備わっているものだということになります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  2. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  3. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
ページ上部へ戻る