正常膝関節における特徴的な運動パターン

膝関節は下肢の中心に位置し、支持性と可動性が2つの大きな機能となっている関節です。
変形性膝関節症では、この2つの機能の破綻と本疾患の発症・進行が表裏一体の関係で影響し合っていると考えられます。
したがって、変形性膝関節症の病態を理解するうえで膝関節の支持性および可動性を評価することは極めて重要になります。

そこで考えなくてはいけないのが、膝の支持性および安定性をどのように機能的に働かせているのかです。
この点を考慮し正常膝関節における特徴的な運動パターンを考えてみると、大きく3つの特徴的な運動パターンを考えることができます。

まず一つ目は「Screw-home movement」です。
健常な膝関節では、屈曲30度付近から最大伸展位まで伸展するにつれて大腿骨が脛骨に対して約10〜20度内旋すると言われています。
これは、完全伸展位での膝関節の安定性を保つためと考えられています。

二つ目はMedial pivot motionとroll-back motion。
膝関節の屈曲に伴い、大腿骨は内側顆を中心とした回旋運動を行い、この動きを「medial pivot motion」と呼ばれています。
この回旋の方向は大腿骨が脛骨に対して外旋し、最大回旋角度は約20〜30度とされています。
また、同様に膝屈曲に伴い大腿骨は脛骨に対して後方へ移動し、「roll-back motion」と呼ばれています。
この動きは膝屈曲80度付近までは「medial pivot motion」が主体になりますが、それ以降の深屈曲域では「roll-back motion」の割合が増加すると言われています。

三つ目は「Double knee action」です。
平地歩行において1歩行周期で2度膝関節が屈曲することを指していて、立脚期と遊脚期にそれぞれ1回ずつ認められる動きになります。
立脚期では約20度、遊脚期では約60〜80度の膝屈曲が見られるのが「double knee action」です。

これらの動きが、自律的に動きの中で機能することで、膝はその支持性と可動性を維持しているものと考えられます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  2. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  3. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
  4. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  5. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
ページ上部へ戻る