言語とは

人類は集団で生活する社会的動物であり、呼息を使った音声言語によるコミュニケーションが発達しています。

人類では、違う集団ごとに違う言語体系を発達させてきましたが、すべての言語に共通な性質もあります。

すなわち、すべての言語に音韻、単語、文法があり、自分やあなたなどの人称の使い分け、過去、現在、未来の区別があります。

さらに、言語習得は、歩行習得のように身体の発達過程の一部であるとも言えます。

生後3ヶ月で、話された言葉に対して左側頭葉が広く活性化し、また、生後6ヶ月には片言、18ヶ月までには約150語を理解、約50語を話し、3歳では完全な文が作れると言われています。

人類は直立によって喉頭が下降したため、共鳴管として働く、喉頭から咽頭、口腔を経て口唇に至るまでの空間が広くなりました。

また、赤唇縁が発達した口唇を使って、m、b、p、f、w、v、whなどの言語音として重要な子音が上手に発音できるようになりました。

言語を話すときには、喉頭の声帯筋の他、呼吸筋、舌筋、咀嚼筋、顔面筋など、多くの筋肉が時間的空間的に複雑な協調運動を行っており、速く話すときには、それぞれの音素に対応する複雑な筋活動パターンが毎秒十数回も変化するので、その基盤には、何らかの自動機構の存在が考えられます。

言語の上位中枢は大脳にあり、それを言語中枢といいます。

ヒトでは言語中枢が大脳の左半球にある人が圧倒的に多く、そちらを優位半球といいます。

右利きの人の96%、左利きの人の70%、したがって全体では93%の人において、左半球が優位半球になります。

なお、右半球が優位半球の人は、右利きで4%、左利きでは15%になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  2. 2015-6-30

    非特異的防御機構と特異的防御機構

    私たちの身体を守る防御機構は2段階用意されています。それが非特異的防御機構と特異的防御機構で…
  3. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  4. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  5. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
ページ上部へ戻る