言語とは

人類は集団で生活する社会的動物であり、呼息を使った音声言語によるコミュニケーションが発達しています。

人類では、違う集団ごとに違う言語体系を発達させてきましたが、すべての言語に共通な性質もあります。

すなわち、すべての言語に音韻、単語、文法があり、自分やあなたなどの人称の使い分け、過去、現在、未来の区別があります。

さらに、言語習得は、歩行習得のように身体の発達過程の一部であるとも言えます。

生後3ヶ月で、話された言葉に対して左側頭葉が広く活性化し、また、生後6ヶ月には片言、18ヶ月までには約150語を理解、約50語を話し、3歳では完全な文が作れると言われています。

人類は直立によって喉頭が下降したため、共鳴管として働く、喉頭から咽頭、口腔を経て口唇に至るまでの空間が広くなりました。

また、赤唇縁が発達した口唇を使って、m、b、p、f、w、v、whなどの言語音として重要な子音が上手に発音できるようになりました。

言語を話すときには、喉頭の声帯筋の他、呼吸筋、舌筋、咀嚼筋、顔面筋など、多くの筋肉が時間的空間的に複雑な協調運動を行っており、速く話すときには、それぞれの音素に対応する複雑な筋活動パターンが毎秒十数回も変化するので、その基盤には、何らかの自動機構の存在が考えられます。

言語の上位中枢は大脳にあり、それを言語中枢といいます。

ヒトでは言語中枢が大脳の左半球にある人が圧倒的に多く、そちらを優位半球といいます。

右利きの人の96%、左利きの人の70%、したがって全体では93%の人において、左半球が優位半球になります。

なお、右半球が優位半球の人は、右利きで4%、左利きでは15%になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
  2. 2017-2-18

    体力基盤を向上させる基礎的トレーニング

    基礎的トレーニングとは、すべてのスポーツに必要とされる体力基盤を向上させるための基礎的なトレーニング…
  3. 2017-3-28

    ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエ…
  4. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る