原始地球と化学進化

現在地球上に生活しているすべての生物は、原始生物から長い進化の過程を経て今日の姿になったものです。

30億年以上の生物進化の歴史の中で、多くの生物が誕生し、繁栄し、やがて衰退し、絶滅していきました。

そして、生き残った生物が今日の地球上にみられるわけです。

現存する地球上の生物はすべて、核酸やタンパク質などの高分子物質を主成分としています。

それで、地球上に生物が存在する前に、それらの化学物質が合成されていたということになります。

太陽系ができたのは約50億年前であり、その中にあったガスやちりが凝縮して地球が生成されたのは約45億年前と言われています。

誕生した地球は、しだいに表面が冷えて、地殻を作り始めました。

その頃の大気は窒素、水素、アンモニア、メタンなどの還元型の物質、水蒸気などを含み、高温であったと考えられます。

原始地球の大気中には酸素はなく、現在あるオゾン層もなかったため、紫外線などの放射線が地球上に降り注いでいたと思われます。

また、空中放電も盛んであり、地殻内の放射線も作用していたと推測されています。

ロシア(当時ソ連)の生化学者オパーリン(1936)はこれら地球の大気に含まれている物質をもとにして、生体を構成する高分子物質が合成されると提唱しました。

これを受けてアメリカの科学者ミラー(1953)は、メタン・アンモニア・水素を封じ込め、これらの混合液体を熱した水蒸気で移動させながら、火花放電を行い、冷却して液体に濃縮させました。

このような循環を約1週間行って、たまった液を分析したところ、グリシンを主とするアミノ酸、ギ酸を主とする各種のカルボン酸などが液中に含まれていることがわかりました。

このミラーの実験以降、混合気体の組成を少しずつ変えた多くの実験がなされました。

たとえば、原始地球でHCNの形で大気中に存在していたシアンとアンモニアをもとにして、ATPや核酸の成分であるアデニンが合成され、さらにリン酸を加えてATPが作られました。

また、二酸化炭素とアンモニアからチミンやウラシルなどの核酸成分が作られました。

しかし、問題となるのは、DNA、RNA、タンパク質など、情報をもつ高分子がどのように作られたかになります。

この点で、近年、RNAの中に酵素活性をもつものが見つかったことなどから、最初にRNAの世界があり、ついでDNAが作られてきたという考えが有力になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  2. 2015-3-20

    身体を動かすテレビゲームって運動になるんですか?

    身体を動かすテレビゲームは今やたくさんありますが、果たしてそれが運動効果をもたらすものなのでしょうか…
  3. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  4. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  5. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
ページ上部へ戻る