レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。

本来、レプチンは、食欲を抑制してエネルギー消費を増加させることで、体脂肪量を減らす作用を持っています。

一般に、ヒトの肥満者では血中レプチン値が高値を示すことから、ヒトの肥満はレプチンの本来の作用が現れなくなった状態だと考えられています。

このレプチンは脂肪組織がら分泌され、脳の視床下部(H)にある受容体に結合します。

レプチンのシグナルは視床下部でいくつかに分かれていきます。

たとえば、視床下部には、ニューロペプチドYなどの食欲を高める分子があります。

また、コルチコトロピン放出ホルモン(CRH)やウロコルチンといった視床下部ホルモンは、食欲を抑制したりします。

CRHはストレス反応に関与するホルモンとしても知られています。

ヒトは内分泌系の中で、様々なストレスに対して生体を防御するための反応を引き起こしますが、それぞれ視床下部(H)、下垂体(P)、副腎(A)により構成されています。

そして、この系をそれぞれの器官の英語の頭文字をとってHPA系と呼んだりします。
飢餓や絶食、失恋、対象喪失といった状態は、生体にとっては一種のストレスであるため、このHPA系が活性化され、そのストレスに生体を反応させるべく作用します。

その結果、HPA系を構成する視床下部・下垂体・副腎のそれぞれの器官から様々なホルモンが分泌され、食欲の増進や抑制といった生体反応を引き起こします。
HPA系において食欲を高めるホルモンは、副腎からのグルココルチコイドです。

一方、食欲を抑制するホルモンの代表はCRHです。

そして、これらのホルモンの産生・分泌は脂肪細胞由来のホルモンであるレプチンによって制御されています。

つまり、肥満とストレスの関係は、HPA系に脂肪細胞(A)を加えた系(HPA・A系)によって調節されているということになります。
このあたり、ホルモンが及ぼす生体反応としては大事な部分ですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  2. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  3. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  4. 2016-12-11

    筋力の増加でスピードを上げる

    筋力を上げてスピードがあがるのかを考えたときに、筋力があがると体重が増えるため遅くなるイメージをもた…
  5. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
ページ上部へ戻る