仙腸関節の機能解剖

仙腸関節は、下肢から脊柱へ力を伝達する働きをしています。
これは、仙骨の外側面にあるL字状の関節面と寛骨の腸骨部分にある同様の面の間にできる滑膜性の関節です。

この関節面は不規則な輪郭をもって咬み合い、骨同士が動くことを防いでいます。

この関節は、しばしば加齢にともなって線維化して、場合によっては完全に骨化することもあります。

また左右の仙腸関節は以下の3つの靭帯によって安定化されている。

①前仙腸靭帯・・・関節包の線維膜が肥厚したもので、関節の前下方へ走っています。
②骨間仙腸靭帯・・・3つの靭帯のうち、最大かつ最強の靭帯で、関節のすぐ後上方にあり、腸骨と仙骨の隣接する広くて粗な領域に付着し、2つの間を埋めています。
③後仙腸靭帯・・・骨間仙腸靭帯を覆うように走行しています。

仙腸関節はわずかな可動性をもちますが、その僅かに動くというのが非常に重要になります。

仙腸関節が動かなくなる、例えば強直性脊椎炎というのは仙腸関節がかたまってしまいますが、逆に仙腸関節が広がるのが分娩時になります。

赤ちゃんが出てきたあと、産後に無理に動いてしまうと腰痛など身体的不調をきたすことがあります。
中高年の腰痛でX線写真を撮ると、 仙腸関節の骨が硬化しているケースもあり、これはその時の仙腸関節のストレスのあとを物語っているとも考えられます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
  2. 2015-11-29

    アスリートに特有な遺伝子は存在するか

    スポーツの世界では、有名選手とその子どもも活躍していることがたくさんあります。ということは、…
  3. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  4. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  5. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る