繰り返す股関節の痛みの予防

繰り返す股関節周囲の痛みに対する基礎的研究は少なく、多くのデータがあるとは言いがたいのが現状ではないかと思います。
しかしながら、多くの臨床家が、骨盤の傾斜が股関節痛の1つの原因ではないかと考えている事実はあります。
また、大腿骨の前捻角の増加も変形性股関節症の大きな要因になりうるというデータも多くあります。
前捻角の増加は股関節の前方あるいは後方の疼痛に関与していると言われる非対称的な左右の股関節回旋運動に類似していると考えられています。

またある研究では、Full close-pack positionやFull loose-pack positionがとれないと、繰り返す股関節痛が発症する可能性が高いとされています。
これらの研究で考えられるのは、要するに股関節の可動性と股関節の関節の中心化(joint centration)が正常化できているかどうかというのが大きなポイントになりそうです。

Joint Centrationは「関節の中心化」という意味に当たります。
簡単に言うと、関節が中立位にあるということ。

つまり、「関節中立位においては骨間接触面積が最大となるので最適な負荷が関節にかかり、そのためうまく運動連鎖を生じさせエネルギー伝達に優れている」ということであり、「この関節位において、筋肉の最大収縮と受動的構造の最大防御が可能となる。」としてパフォーマンス向上、そして障害予防においては大変重要な関節の位置とされています。

股関節の疾患に関しても違わず、この関節の位置の正常化、いわゆるjoint centrationができているのかが大きなカギとなると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  2. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  3. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  4. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  5. 2014-12-25

    足のアーチと衝撃吸収

    立位の重心を考えた時、人間は踵のほうに重心が落ちており、足部で考えると踵骨があって距骨があるという …
ページ上部へ戻る