膝蓋大腿関節の機能的安定性

patellofemoral pain syndrome(PFPS):膝蓋大腿関節疼痛症候群は膝に明らかな病変がないにもかかわらず、膝前方または膝蓋骨後面の痛みを訴える疾患のことをいいます。

この一般的によく見られる症状であり、スポーツ人口の7~15%の方にみられるという報告もある症状です。

膝蓋骨は膝の屈伸の間、ずっと大腿骨の膝蓋骨溝と接しています。
よく”おさら”と称されるこの膝蓋骨は、膝蓋腱内に存在する種子骨のことをいいます。

その後面は大腿骨と関節を構成するわけですが、5つの関節面、通称facetを有しています。
そのfacetですが、上、下、内側、外側、そして垂直関節面の5つです。

膝蓋骨の関節面の形状は個人差があるとされていて、膝蓋骨のトラッキングに影響があるという研究報告もあります。

正常な膝では大腿骨の膝蓋溝のうち、外側が内側よりも前方に突出している構造をしているため、膝蓋骨は自然とやや外側寄りのトラッキングをするような力が加わっています。
そのため、膝蓋大腿関節が安定するには、大腿骨膝蓋溝に膝蓋骨が捉えられ(膝が20~30°の角度にあるとき)、骨性の要素が大きく働くときであると考えられています。

これ以上の伸展位では、膝蓋骨に対する骨性の支持がないため、内側および外側の支帯と関節包が受動的な支持作用を担い、膝蓋骨が安定するとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  2. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
  3. 2015-6-2

    腰椎椎間板ヘルニアってなに??

    腰椎椎間板ヘルニアって聞いたことあるけど...今回は…
  4. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  5. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
ページ上部へ戻る