年をとったときに、脳を守るには?

年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?

意外なんですが、答えは運動です。

ニューロンがきちんと仕事をするには多くの手助けが必要となります。
ですが、循環系が老化するという問題が起こると、脳へ酸素やグルコースを運ぶ血液の供給が減るおそれがあります。

だから、心拍数を上げるような運動を定期的に行うことは年をとっても認知能力を高める、唯一にして最も有効な方法になります。

一生ずっと身体を動かしてきたような高齢者は、座っていることが多かった同年齢の人たちよりも実行機能を必要とする作業能力がずっと高かったという研究もあります。

運動を行うとなぜ脳の機能が高くなるのか?
その効果に寄与しそうなことを考えると以下のようなものが考えれます。

人間の場合、体を鍛える訓練は加齢にともなう大脳皮質の縮小を遅らせます。
動物実験においては、運動により脳の毛細血管の数が増え、ニューロンへの酸素やグルコースの供給量が増えるという研究結果も報告されています。

他にも、運動は軸索とシナプスの成長を促す成長因子である多様なタンパク質の放出を引き起こし、シナプス可逆性を高めて海馬などのニューロンの新生も起こすという研究もあります。

運動習慣がある人は、してない人に比べると70代でアルツハイマー病にかかるリスクが3分の1になるともいわれています。
この運動とアルツハイマー病の関係性については、60代で運動をはじめてもそのリスクは半分になるというデータもあり、いかに運動が脳に大事であるかを物語ってます。

定期的な運動習慣が脳にとっても大事という一つの証拠データですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    副腎皮質ホルモン

    副腎皮質ホルモンとは、副腎皮質から分泌されるホルモンの総称です。副腎皮質からは、性ホルモンと…
  2. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  3. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。このようなプリン環を持っ…
  4. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  5. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
ページ上部へ戻る