年をとったときに、脳を守るには?

年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?

意外なんですが、答えは運動です。

ニューロンがきちんと仕事をするには多くの手助けが必要となります。
ですが、循環系が老化するという問題が起こると、脳へ酸素やグルコースを運ぶ血液の供給が減るおそれがあります。

だから、心拍数を上げるような運動を定期的に行うことは年をとっても認知能力を高める、唯一にして最も有効な方法になります。

一生ずっと身体を動かしてきたような高齢者は、座っていることが多かった同年齢の人たちよりも実行機能を必要とする作業能力がずっと高かったという研究もあります。

運動を行うとなぜ脳の機能が高くなるのか?
その効果に寄与しそうなことを考えると以下のようなものが考えれます。

人間の場合、体を鍛える訓練は加齢にともなう大脳皮質の縮小を遅らせます。
動物実験においては、運動により脳の毛細血管の数が増え、ニューロンへの酸素やグルコースの供給量が増えるという研究結果も報告されています。

他にも、運動は軸索とシナプスの成長を促す成長因子である多様なタンパク質の放出を引き起こし、シナプス可逆性を高めて海馬などのニューロンの新生も起こすという研究もあります。

運動習慣がある人は、してない人に比べると70代でアルツハイマー病にかかるリスクが3分の1になるともいわれています。
この運動とアルツハイマー病の関係性については、60代で運動をはじめてもそのリスクは半分になるというデータもあり、いかに運動が脳に大事であるかを物語ってます。

定期的な運動習慣が脳にとっても大事という一つの証拠データですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  2. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  3. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  4. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  5. 2016-3-14

    女性スポーツ選手と前十字靭帯損傷のリスク

    女性スポーツ選手は、同じ種目で類似レベルのプレーしている男性と比べると、ACL損傷に発生率は3〜5倍…
ページ上部へ戻る