生体リズムと食事

私たちの生活する環境では、24時間の周期で明暗、気温、湿度などが変動しています。

これに伴い生体機能は日内リズムを生じており、それを概日リズム(サーカディアンリズム)といいます。

ヒトの日内リズムは、循環器系の機能は夕方に、副腎機能、成長ホルモン、好中球細胞数は入眠直後にピークになるように種々の生理機能や代謝物濃度が各々異なる時間に高まり、摂取した栄養素を合理的に体内利用しています。

日内リズムを支配する環境因子として、昼夜による明暗リズムが重要ですが、摂食パターンによる制御は特に栄養素の消化、吸収、代謝機能に対して大切です。

夜行性動物のラットは夜間に摂食を行うため、種々な代謝活性も夜に高まります。

自由に摂食させた場合、小腸の絨毛の上皮細胞膜に存在する糖質消化酵素のひとつであるスクラーゼ活性は、小腸絨毛上の先端部分からクリプト部分全域の細胞において、夜間に高く、昼に低い値を示します。

しかし、明暗条件を変えずに昼に強制的に摂食させると、スクラーゼ活性のピークは逆転します。

同様の現象は、他の消化酵素ならびにアミノ酸、グルコースの能動輸送能力にも観察されます。

絶食しても2〜3日間はリズムが継続することなどから一種の適応現象だといえます。

糖質代謝に関与する副腎皮質グルココルチコイドの血中濃度も、食事摂取時期に対応した日内リズムを形成しており、ヒトでは起床前に最も高いレベルを示します。

一方、体温も一般的に早朝は最も低く、夕方最も高くなるといったリズムを示しますが、このリズムも食事摂取に同調することがわかっています。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-11

    負荷に自重を用いる場合の留意点

    筋力エクササイズの負荷に自重を用いた場合、鍛えたい筋や筋群に加わる負荷強度は、自重に対するそれらの筋…
  2. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  3. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  4. 2017-2-18

    体力基盤を向上させる基礎的トレーニング

    基礎的トレーニングとは、すべてのスポーツに必要とされる体力基盤を向上させるための基礎的なトレーニング…
  5. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
ページ上部へ戻る