喫煙と栄養学の関係

タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。

喫煙によって体にもたらされるデメリットは肺がんや肺気腫などの循環器系疾患だけでなく、老化の促進や口臭など目に見える部分もあります。
ビタミンCは、これらの物質を排出するために、大量に消費される栄養素です。

もしビタミンCが不足すると、有害物質が体に貯まってしまい、がん、動脈硬化など様々な病気の原因になります。

ビタミンCは、タバコを吸ったときにできる活性酸素を分解して、体の老化を防ぐと同時に、白血球(免疫力)の働きを高め、病気への抵抗力がつきます。

ビタミンEはビタミンCと同じく、活性酸素を抑える抗酸化作用があり、タバコによる悪影響を防ぐ働きがあります。

この抗酸化作用によって、体の酸化(老化の進行)が少なくなり、血管や細胞の機能が保たれ、血行の促進や生活習慣病の、予防につながります。
ある検査では、タバコに含まれる有害物質を排除するために、タバコ1本あたり、ビタミンCが25mg消費されるという結果がでています。

成人男女に必要なビタミンCの摂取量は、1日あたり100mgですから、タバコをたった4本吸っただけで、1日で必要なビタミンCが、全て消費されることになります。(少しビックリするような数値ですが。)
もちろん、体内に貯えられたビタミンCもありますが、タバコを多く吸う人にとっては、十分な量とはいえません。

ビタミンCは免疫力を高め、発がん性物質を抑制する働きがある上に美容にも役立つビタミンなので、タバコを吸っている人は積極的に摂取することをおすすめします

健康面からみれば、禁煙するのが一番いいのですが、なかなか禁煙できない人は、ビタミンCが多い、アセロラ、キウイ、いちご、レモンや、ビタミンEが多いアーモンド、ナッツ類、モロヘイヤなどを十分摂るようにしたいものです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  2. 2017-3-17

    バランス能力と姿勢制御戦略

    バランス能力に必要な条件は、支持基底面内に重心を溜め、支持基底面から外れた重心の位置を素早く戻す能力…
  3. 2016-2-11

    IAP(腹腔内圧)の上昇能と動的制御・パフォーマンスアップ

    体幹は身体質量の約65%を占めドロップジャンプ動作の着地局面における体幹の慣性モーメントは下肢の慣性…
  4. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  5. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
ページ上部へ戻る